80年代夕張17・紅葉山駅跡

f0173596_985520.jpg
f0173596_991436.jpg

1982年・紅葉山駅跡(現・新夕張駅)

1981年に石勝線が開通し、紅葉山駅は新夕張駅となった。

当時、新しくなった新夕張駅の下に旧紅葉山駅が現存していた。
線路は取り払われていたが、SL時代の給水塔、ホームや跨線橋などが残り、SL時代を思い出させてくれた。

SL時代、給水塔を入れて撮る、紅葉山の出発はあまりにも有名だった。
実は、夕張を最初に訪れたのは、中学生の頃SLを撮りに来た時だった。
給水塔は紅葉山駅のシンボル的存在で、久しぶりに見た時は、少年時代に帰った気分だった。
[PR]
by ysnowy | 2008-10-28 09:57 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/9508804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by メロン星人 at 2008-10-29 08:42 x
中学の頃が最初だったのですか。はるか昔の話ですね。ちなみに、そのときの写真(ネガ)は現存しているのでしょうか?
Commented by ysnowy at 2008-10-29 18:27
メロン星人さん
ネガはあります。
<< 80年代夕張18・楓駅跡 近代建築・小樽 >>