80年代夕張21・楓炭鉱

f0173596_112484.jpg

1982年・楓炭鉱

大正期の煉瓦つくりの楓鉱・繰込所は、かつて発電所として使われたもので、重厚で趣のある建物だった。

炭鉱マンたちは繰込所からいったん外に出て坑口へ向った。
当時、繰込所内の撮影は許可されなかった。
しかし、結果として、歴史のある建物を背に炭鉱マンが撮れたのは、今にして思えば良かったのかもしれない。

夕張新炭鉱や南大夕張炭鉱のような近代化された炭鉱とは違って、楓鉱や真谷地鉱は、規模も小さく一昔前の炭鉱といった感じだった。
特に楓鉱の建物は、昭和初期にタイムスリップしたかの様だった。

煉瓦の建物は、閉山後石炭ガラス工芸館として使われたが、今では閉鎖。
屋根などは改造されたのは残念だが、建物は現存している。
[PR]
by ysnowy | 2008-11-13 11:44 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/9650830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夕張23・ロボットオークション 夕張22・ユーパロの湯 >>