80年代夕張25・三菱大夕張鉄道遠幌駅

f0173596_11523511.jpg

1982年・三菱大夕張鉄道遠幌駅

列車は一日3往復しかなかった。
がらんとした待合室には石炭ストーブが一つ置かれていた。
そのストーブも火がついていなかった気がする。

列車を待っていたのは私一人。
ただ待合室は寒かった記憶が今も残っている。
[PR]
by ysnowy | 2008-12-22 12:07 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ysnowy.exblog.jp/tb/9959497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by シャア専用ボク at 2008-12-24 16:25 x
光のとらえ方が素晴らしいですね。
そしてある意味、鉄道ものですね。


あの扉を開けて、
入ってくる人ですか?
それとも、
飛び出して行く人ですか?

私はどっちだろう。。。
Commented by ysnowy at 2008-12-24 21:47
シャア専用ボク さん
外は、雪が激しく降っていました。
扉の光は、雪のあかりです。
これも鉄ものですね。
Commented by めろんせいじん at 2008-12-26 00:43 x
やはり雪の光でしたか。ストーブに火がついていなかったら、さぞかし寒かったでしょうね。
Commented by ysnowy at 2008-12-26 08:36
メロン星人さん
寒かったですね。
朝と夕しか列車がないので、ストーブもついていなかったのでしょう。
<< 日常・銀河鉄道 足尾銅山・虹のかかった大煙突 >>