カテゴリ:カラミ煉瓦( 13 )

足尾のカラミ煉瓦塀

f0173596_10403371.jpg
f0173596_10404996.jpg
f0173596_10410794.jpg
足尾町の愛宕下にはカラミ煉瓦の塀が残っている。
かつてここには銅山の社宅が建っていた。
現在は取り壊されてないが、黒い塀が社宅があったことを思い出させる。

[PR]
by ysnowy | 2016-12-02 10:49 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

犬島製錬所のカラミ煉瓦

f0173596_22534733.jpg
f0173596_22532249.jpg
f0173596_2253540.jpg
f0173596_22524084.jpg
f0173596_225129100.jpg
f0173596_22495716.jpg

岡山市の犬島で写す

旧犬島製錬所のカラミ煉瓦の遺構は美しく、おそらく西日本では最大級のものだろう。
青い海を背景としたカラミ煉瓦は、東北の鉱山の遺構とはまた違った趣がある。
[PR]
by ysnowy | 2016-09-19 23:09 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(4)

本所教会のカラミ煉瓦の塀

f0173596_23244632.jpg
f0173596_23242536.jpg
f0173596_23235772.jpg
f0173596_23232841.jpg


東京にもカラミ煉瓦の構造物がある。
墨田区石原のカットリック本所教会の塀の一部はカラミ煉瓦でできている。
このカラミ煉瓦は足尾銅山で生産されたもので、塀は明治40年ごろに建てられた。
かつて教会の敷地はカラミ煉瓦の塀で囲まれていたが、現在は正面の部分だけが残っている。
塀は関東大震災に耐え、東京大空襲の戦禍からも残った。
震災遺産であり戦争遺産でもある貴重なものだ。
[PR]
by ysnowy | 2016-08-24 23:48 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

カラミ煉瓦の煙突

f0173596_14531313.jpg


美しいカラミ煉瓦の煙突。天井から光が差してきた。
持倉鉱山で写す
[PR]
by ysnowy | 2016-06-14 14:49 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

持倉鉱山・カラミ煉瓦の精錬所跡

f0173596_18482053.jpg
f0173596_1848020.jpg
f0173596_1847435.jpg
f0173596_18471924.jpg


まるで古代遺跡のような持倉鉱山の精錬所跡。
人工物と自然が創り出す風景は美しい。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-27 18:53 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

持倉鉱山・カラミ煉瓦の事務所跡

f0173596_855311.jpg
f0173596_854306.jpg
f0173596_8533968.jpg
f0173596_8531325.jpg
f0173596_8522251.jpg
f0173596_8515153.jpg


90年代の終わりごろに何度か訪れたことがある持倉鉱山の事務所跡。
カラミ煉瓦でつくられた建築物は、自然の中で堂々と佇んでいた。
これを見て以来カラミ煉瓦の魅力にとりつかれた。
久しぶりに訪れたが、その雄姿は以前と変わらなかった。
カラミ煉瓦建築の最高傑作だと私は思っている。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-26 09:07 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

カラミ煉瓦の蔵・尾小屋鉱山

f0173596_1292876.jpg
f0173596_129811.jpg
f0173596_1284666.jpg
f0173596_1281626.jpg

尾小屋鉱山で写す

今までに、カラミ煉瓦でつくられた、選鉱所、煙突、塀、門柱などを見てきたが、カラミ煉瓦の蔵は初めてだった。
蔵からは鉱山が全盛の頃、鉱山町には商店などが立ち並び栄えていたことが解る。
大正中ごろの製錬所の写真にはカラミ煉瓦の土台が写っている。
そのことから尾小屋のカラミ煉瓦は大正時代ごろから製造がはじまったと言われている。
この蔵も大正から昭和初め頃のものではないかと推測される。
いづれにしろ同鉱山独特のもので貴重な遺産だ。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-16 12:25 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(1)

亀甲形のカラミ煉瓦・尾小屋鉱山

f0173596_10174389.jpg
f0173596_10172512.jpg
f0173596_10165853.jpg
f0173596_1016384.jpg


尾小屋鉱山の亀甲形のカラミ煉瓦。
亀甲形は尾小屋鉱山独特なもので日本ではここでしか作られなかった。
かつての鉱山町は寂しくなったが、カラミ煉瓦の壁にかつての繁栄を忍ばせている。
これも鉱山文化一つで、貴重なものだ。
大切に保存してほしい。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-14 10:24 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

荒川鉱山・冬の造形

f0173596_2034079.jpg


もう春ですね。
写真は春の訪れとともに消える光景です。
暫くするとこのような光景も見納めかな。
[PR]
by ysnowy | 2016-03-15 20:37 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(4)

荒川鉱山の冬

f0173596_20244732.jpg
f0173596_20242943.jpg
f0173596_20241146.jpg
f0173596_20233043.jpg
f0173596_20231152.jpg
f0173596_20225182.jpg


冬の荒川鉱山。
この冬の秋田地方は雪が少なく例年の三分の一だという。
雪の白とカラミの黒、このコントラストが美しくまるで古城の様だった。
[PR]
by ysnowy | 2016-03-08 20:30 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(4)