カテゴリ:80年代夕張( 129 )

80年代夕張9・高松

f0173596_12261872.jpg


1982年・高松

現在キャンプ場となっている所の周辺には、コンクリ-トの炭住が建っていた。
夕張新鉱閉山後、そのいったいで露天掘りを行いすべて解体された。
以前にも書いたが、当時人口は4万人あまり、最盛期の三分の一だった。
このような巨大な社宅もあちこちに見られた。
[PR]
by ysnowy | 2008-09-03 12:36 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張8・遠幌

f0173596_1730684.jpg

1982年・遠幌

北炭(北海道炭鉱汽船)指定と書かれている商店や理容店。
ある意味では、北炭の存在の大きさを示す写真。
撮影した時はきずかなかったが、26年後にプリントしてみて発見した。
[PR]
by ysnowy | 2008-08-23 17:41 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張7・石炭列車

f0173596_10494857.jpg

1982年・石炭列車

清水沢駅で出発を待つ石炭列車。
当時は見慣れた光景だった。

今となっては懐かしい列車。
[PR]
by ysnowy | 2008-08-15 11:04 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張6・清水沢炭鉱

f0173596_13251655.jpg

1982年・清水沢炭鉱


清水沢炭鉱のズリ山からの眺め。
同炭鉱の選炭機は解体され今はない。
しかし、炭住街はほとんど変わらず、炭鉱の雰囲気を残している。

今の夕張では貴重な場所だ。
[PR]
by ysnowy | 2008-08-11 13:36 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張5 ・千代田

f0173596_12591133.jpg

1983年・千代田

この場所を「千代田のお立ち台」と呼んでいた。
炭住の並ぶここの風景は、夕張で「絵になるところ」の一つだった。

現在は養護学校が建ち、炭住街はなくなった。
[PR]
by ysnowy | 2008-08-06 13:09 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張4・高松

f0173596_11304610.jpg

1982年・高松

当時の人口は4万人を超えていたが、全盛期(人口12万人)と比べればかなり寂れていた。
空き家の目立つ炭住も多く、そのそばで子供たちが遊ぶのが見られた。
[PR]
by ysnowy | 2008-08-01 11:38 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張3・高松

f0173596_22245921.jpg

1982年・高松

高松から社光を見る。
写真の男性の息子さんは、昭和40年の夕張炭鉱第一鉱の爆発事故でなくなったという。
[PR]
by ysnowy | 2008-07-29 22:33 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張2・炭山祭り

f0173596_14325482.jpg

1983年5月・社光

社光の子供みこし。
昭和初期に作られたものです。
社光の子供みこしは、子供の減少でその年が最後でした。
その後、同みこしは、千代田地区をへて、現在は宮前町にあります。
この春も健在でした。
なくなるものが多い夕張ですが、どっこい社光みこしは残りました。

ちょっといい話ですね。
[PR]
by ysnowy | 2008-07-25 14:50 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張1・社光

f0173596_2284885.jpg

1983年・社光


80年代の夕張の写真をアップしていこうと思っています。
写真は社光地区、炭住が段々状に建ち、一番夕張らしい風景でした。
夕張の画家・故畠山哲雄氏が一番作品を描いたところでもあります。
[PR]
by ysnowy | 2008-07-24 22:19 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)