<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夕張31・夕張新二鉱

f0173596_21322378.jpg


大新坑に行こうと試みたがまだ残雪が多く断念。
しかたなく新二鉱跡へ行ってみた。

坑口跡などが残る新二鉱も、今となっては貴重な存在だ。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-29 21:44 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張30・夕張炭鉱ズリ山

f0173596_1124493.jpg
f0173596_1125098.jpg


夕張で一番美しく大きい、しかも原形をとどめるズリ山は、夕張炭鉱のズリ山だ。
社光と高松の間のズリ捨て線跡を登り、ズリ山の麓までは何度も来たが、登るのは久しぶりだった。
初めて登ったのは1982年のこと、その当時と比べれば木が生えてきたが、手付かずのズリ山は相変わらず美しく巨大だった。
筑豊を代表するボタ山が忠隈炭鉱ならば、まさしく夕張炭鉱のズリ山は北海道を代表するズリ山だ。

変貌する夕張の中で、このズリ山は変わらないのがいい。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-28 11:34 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張29・ズリ山のタツノオトシゴ

f0173596_7374354.jpg


夕張炭鉱のズリ山に巨大なタツノオトシゴが出現?。
ズリ山のキャンバスに残雪が描き出す巨大な絵模様。
しばし見入ってしまいました。

春ですね。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-27 07:42 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張28・ミズバショウ

f0173596_0243452.jpg


今年の夕張は雪どけが早い。
ミズバショウも満開状態だった。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-26 00:31 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

巨幹残栄・軍艦島(端島炭鉱)

f0173596_11423268.jpg

1996年
f0173596_11431417.jpg

2001年
f0173596_1143316.jpg

2001年
f0173596_12342629.jpg

2001年


長崎県長崎市(旧高島町)にある端島(軍艦島)の一般公開が始まったと言う。

端島は周囲1.2キロの半人工島で、最盛期1963年には5000人以上が生活した超過密の島だった。
島の形が戦艦土佐に似ている事から軍艦島と呼ばれていた。
島は高層の社宅が立ち並び、日本で最初のコンクリ-トの集合住宅(30号棟)も建てられ、建築的に貴重な島だ。しかし、1974年に炭鉱が閉山。島は無人となった。

以前、上陸する機会があった。
私は当時の電気製品に興味があった。
誰もいない部屋には、テレビや大型冷蔵庫、そして電気炊飯器もあり、当時の生活を垣間見る事ができた。
三菱の炭鉱だけに電気製品は三菱製との話もあったが、単なる噂にすぎなかった。
やはり炊飯器はナショナルだった。
昭和40年代の電気製品の資料館を見ているようだったことを思い出す。

今度、また上陸してみたい。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-22 12:38 | 炭鉱 | Trackback | Comments(6)

夕張市立清陵小学校体育館

f0173596_1149923.jpg

1992年・夕張市立清陵小学校体育館

同校は、夕張新炭鉱に通う炭鉱マンの子供たちが数多く通学していた。
夕張新鉱が1982年に閉山。清陵小(50年開校)も89年に閉校した。
体育館は木造で雰囲気がある建物だった。

現在、同体育館の古材は再利用され、富良野市北麓郷の研修施設に使用されている。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-20 12:14 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張38・北炭清水沢電力所

f0173596_21211020.jpg

1982年・清水沢電力所

現在も解体が進む清水沢電力所。
巨大な煙突から煙が出ることはもうない。

電力所はやっぱり現役がいい。

写真は清水沢炭鉱のズリ山から見たもの。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-16 21:31 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(4)

80年代夕張37・楓炭鉱

f0173596_1043266.jpg

1982年・楓

楓炭鉱の近くで馬を見かけた。
じいちゃんとばあちゃんは、近くの農家だという。
「馬で炭鉱まで野菜を届けたあとだ」という。

残念ながらその後は会わなかったが、もう一度写真がとりたかった。
今も後悔が残る。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-13 10:54 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(6)

巨幹残栄・大峰炭鉱

f0173596_21373185.jpg

1998年


f0173596_9285273.jpg

2009年

筑豊・大峰炭鉱の職員社宅を久しぶりに訪れてみた。
ほとんどが空き家となり、植物に覆われていた。
かつての高級社宅は見る影もなかった。

それでも大峰炭鉱には炭住などが残り、炭鉱の雰囲気を多く残している所だ。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-09 21:57 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

夕張27・炭住跡

f0173596_116127.jpg


Mtレースイスキー場の営業も3月30日で終わった。
その頃私は、春爛漫の九州にいた。

この冬は全国的に雪は少なかったが、北海道北部の日本海側では結構雪は多かった。
夕張は、昨冬に比べると雪はすくなかったが、そこそこあった。

スキー場のある冷水山からは、夕張炭鉱のズリ山や福住地区方面の炭住跡が見える。
全盛期、山の上まで炭住がびっしり建っていた。
冬場はその跡がよくわかった。

この冬、冷水山であらたに見つけたものだ。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-07 11:40 | 夕張 | Trackback | Comments(4)