<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夕張76・南大夕張駅跡

f0173596_10371440.jpg
f0173596_10372934.jpg
f0173596_10374368.jpg


ラッセル車や客車が保存されている旧南大夕張駅跡。(80年代夕張29参考)
夕日を浴びる頃が美しくて好きだ。
古い客車の連結器付近に小さな木の芽が生えていた。
その生命力には驚かされた。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-30 10:49 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張75・清水沢炭鉱

f0173596_1022144.jpg

f0173596_23193789.jpg
f0173596_2320458.jpg


清水沢清栄町で

戦後まもなく開鉱した清水沢炭鉱。
炭鉱の事務所は、現在は別の会社の事務所として使われている。
近くにはかつての繰込所の建物も健在だ。
事務所の建物は左右対称で重厚感がある。
貴重な存在だ。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-28 10:25 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

足尾銅山

f0173596_10574187.jpg

f0173596_10575718.jpg
f0173596_10581229.jpg
f0173596_10582734.jpg
 

写真は90年代に撮影したもの。
最近精錬所が解体されたという。
解体された後をまだ見ていない。
ここ10年近くで足尾は激変したと思う。
数多く見られた社宅は解体され更地が目立つし、周辺の山々も緑が濃くなってきた。
山々の緑が戻りつつあるのは嬉しいことだが、鉱山の施設がなくなっていくのは寂しい。
これも一つの歴史なのだろうか。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-26 11:13 | 足尾 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張67・社光浴場

f0173596_11191552.jpg

1984年・社光

高松浴場と共に古く味わいのあった社光浴場(80年代夕張31-33参考)。
浴場は炭住街のランドマーク的存在だった。
段々状に炭住が建つ社光地区は、夕張で最近まで残っていたよりよき頃の炭住風景だった。
福住方面から見るのが知られていたが、私は高松から浴場がよく見えるこの場所が好きだった。
高松のお立ち台と勝手に名づけ、千代田地区を見渡せる高台と共によく撮った場所だった。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-24 11:47 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張74・源藤隆一さん

f0173596_22481467.jpg
f0173596_22483485.jpg

2007年2月23日・夕張市美術館で畠山さんの作品リストを作る源藤さん。


夕張市美術館の元学芸員の源藤隆一さんの訃報から1ヶ月以上が過ぎた。
まだ53歳、あまりにも若い死だった。
11月15日の北海道新聞の夕刊・文化面に、美術家の岡部昌夫さんが書かれた源藤さんをしのんだ記事が掲載された。
源藤さんは市美術館の学芸員として夕張の文化・芸術を支えてきた。
私は画家の故・畠山哲雄さんを通して知りあった。
気さくな性格で、誰からも慕われた人。私もたいへんお世話になった。
昨年の目黒区美術館での「文化資源としての炭鉱展」では、夕張を中心とする空知地区の美術作品の展示に協力され、畠山さんや倉持吉之助さんの作品を東京で見ることができた。
9月末、大夕張汽車フェスタの会場で会った時は、元気そうで「仕事にも復帰した」と笑顔で話していた。
しかし、それから2週間もしないうちに突然の訃報が届いた。
本当に残念でならない。
心から冥福を祈りたい。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-18 23:47 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張66・高松浴場と太陽灯

f0173596_22112761.jpg

1983年・高松で

高松のコンクリート橋をわたり高松浴場(右)に向う親子。
正面の建物は太陽灯。(80年代夕張59を参考)

コンクリート橋は現在も健在だが、浴場などがあったところには「北の零年」のロケセットが移築された。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-16 20:45 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(6)

写真展・土木を撮るⅤ

f0173596_1846413.jpg
f0173596_18465646.jpg


写真展・土木を撮るⅤに参加しています。
今回は木造駅舎の写真(大畑駅の夜景)を展示しました。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-13 18:50 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(4)

木造駅舎30・藤山駅


f0173596_1140258.jpg

f0173596_7581572.jpg


留萌本線の藤山駅。
明治時代に開拓に入った藤山要吉さんの農場だったため藤山駅となりました。
駅舎は事務所部分が解体され待合室だけの四角い建物となりましたが、かえってモダンに見えます。
明治から北の大地に建つ木造駅舎です。

旅の手帖12月号・夢見る木造駅舎は藤山駅と新十津川駅を紹介しています。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-12 08:12 | 木造駅舎 | Trackback | Comments(2)

夕張73・清陵小学校

f0173596_12114648.jpg
f0173596_1212255.jpg

清陵小学校で

廃校となりだいぶ経つ清陵小学校。
たくさんの子供たちが通い歓声が響いていたのが昨日のようだ。
使われなくなった校舎は傷みが激しくなってきた。
でも、まだ残っているだけもいいのかもしれない。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-04 12:26 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

写真展・SNOWY終了

f0173596_19494935.jpg


2週間に及ぶ新さっぽろギャラリーでの写真展・SNOWYも無事終了しました。
たくさんの方が見に来てくださりありがとうございました。
また、写真展をブログ等で紹介していただいた方々、この場でお礼申し上げます。
また機会がありましたら、札幌で写真展を行いたいと思っています。

正式には決まっていませんが、来年2月に神戸で写真展・SNOWYを行う予定です。
日時等が決まりましたらお知らせします。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-01 20:01 | SNOWY | Trackback | Comments(4)