<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

築別炭鉱

f0173596_18595777.jpg

1994年
f0173596_1901437.jpg

2011年

初めて築別炭鉱を訪れたのは1992年のこと。
写真は94年の3月に撮影したものだ。
施設はほぼ変わらないが周りの木々がだいぶ成長してきた。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-29 19:29 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

夕張79・炭住街

f0173596_17131157.jpg
f0173596_17132712.jpg
f0173596_17134116.jpg

清栄町・宮前町(3月初めに撮影)

先日、ズリ山からの俯瞰写真をアップした清栄町から宮前町にかけては、今でも炭住街が残り、夕張で一番炭鉱の雰囲気が残る所だ。
清水沢炭鉱の選炭機や電力所の木造社宅は解体されないが、他は29年前とほとんど変わらない。
「今年はまだ雪が多く残り寒さも厳しい」と言う便りが夕張から届いた。
東京は桜のつぼみもだいぶ膨らんでいるが、夕張はまだ春が遠い。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-26 17:30 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

「原爆を視る1945-1970」展が中止

東京・目黒区美術館で4月9日から開催予定だった「原爆を視る1945-1970」展の中止が決まった。
「原爆と原発事故のイメージが重なるため」だと言う。
今、原発事故に過敏になるのは解るが、66年前の原爆と原発事故をダブらせるのはいきすぎではないかと思う。
日本は、広島・長崎に原爆を落とされたが復興した。
こういう時だからこそ「原爆展」の意義があるのではないだろうか。
自粛ムードの日本に、私は危機を感じてしまう。

参考までに
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201103240075.html (中国新聞記事)
[PR]
by ysnowy | 2011-03-25 21:40 | 日常 | Trackback | Comments(4)

写真展・SNOWYⅢ終了

f0173596_121242.jpg
f0173596_1214362.jpg


神戸・TANTO TEMPOでの一ヶ月に及ぶ写真展は、無事に終了しました。
みなさんありがとうございました。
TANTO TEMPOではこれからも写真展をするl機会があると思います。
そのときまたお会いしましょう。

次は5月に長野県小諸市にあるギャラリーでグループ展を行う予定です。
詳細がわかりましたらお知らせします。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-22 12:17 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

SNOWY・明治庶路炭鉱

f0173596_20873.jpg

写真は、月下の明治庶路炭鉱(2009年)

神戸・TANTO TEMPOギャラリーでの写真展も19・20日だけとなりました。
19・20日はギャラリーに在廊しています。
19日は午後4蒔からギャラリートークを行います。
今回はスライドショーを行う予定です。
お時間のある方いらしてください。
詳しくは同ギャラリーのホームページをご覧ください。http://tantotempo.jp/newsite/event.html

そういうわけで明日から神戸に行ってきます。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-18 20:24 | SNOWY | Trackback | Comments(4)

冬のアルテピアッツァ美唄

f0173596_16473245.jpg
f0173596_16474996.jpg
f0173596_1648368.jpg
f0173596_16481829.jpg


私は、何度となく東北地方の鉱山に通い撮影をしてきました。
大きな被害を受けた宮古市・釜石市には日本を代表する金属鉱山があり、今でも同市の町並みが脳裏に浮かんできます。
先日起きた東日本大震災で、被害を受けた方々に心からお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

写真は、安田侃氏の彫刻が並ぶアルテピアッツァ美唄。http://www.kan-yasuda.co.jp/arte.html
雪に覆われた冬はまた違った味わいがあります。
冬場も開いているので、是非訪れてみてください。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-17 17:14 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

木造駅舎34・北一已駅

f0173596_1215239.jpg
f0173596_12154251.jpg


留萌本線の北一已駅(きたいちやんえき)。
難読駅としてしられている。
駅舎はシンプルな切妻屋根の駅だが古くて味わいがある。
好きな駅の一つ。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-14 12:23 | 木造駅舎 | Trackback | Comments(4)

夕張78・夕張パノラマその2

f0173596_11413768.jpg
f0173596_11415128.jpg
f0173596_1142791.jpg


かつての夕張新炭鉱の炭住街・清陵町。
炭鉱の開鉱当時は、近代的な社宅群だった。
私は1982年の3月に夕張を訪れた。
早いもので30年近くが経つ。
炭住街の商店の2階に1泊1000円しかも2食付で、大学の仲間3人で住まわしてもらった。
今はその商店もなく、お世話になったご主人も他界された。
市営住宅となっている現在、当時と比べると灯りの数が少なくだいぶ寂しくなった。 
しかし、にぎやかだった炭住街が残っているだけでも、まだましなのかもしれない。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-09 12:09 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張77・夕張パノラマ

f0173596_1204993.jpg
f0173596_121756.jpg
f0173596_1212482.jpg
f0173596_1213975.jpg


この一週間、北海道の旧産炭地を中心に回り、昨日戻ってきました。
白銀の世界から開放されたと思ったら、今日は東京・多摩地方は雪です。
私は雪男でしょうか?。(笑)

写真は夕張・清水沢炭鉱のズリ山からの眺めです。
清陵町、宮前町、清栄町、清水沢電力所がよく見えます。
30年ほど前は、ズリ山スキーを楽しむ子供たちがいました。
頂上に佇みながらそんな事を昨日の事のように思い出しました。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-07 12:13 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

羽幌炭鉱

f0173596_23351493.jpg

羽幌炭鉱

羽幌は、昨年より雪が多かったが思っていたほどではなかった。
明日は夕張へ。
[PR]
by ysnowy | 2011-03-02 23:48 | 炭鉱 | Trackback | Comments(3)