<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

円形の虹?(日暈と環水平アーク)

f0173596_21251376.jpg
f0173596_21253098.jpg



今日正午過ぎ、東京多摩地方で見られた現象。
しかも一部は二重にかかっていた。
この現象は日暈と環水平アークだという。

何かいいことがあるとよいのだが。
山本作兵衛さんの炭坑画が世界記憶遺産に決まった祝福なのだろうか?。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-31 21:35 | 日常 | Comments(2)

写真展「私はここにいます」・SNOWY2011

f0173596_2384082.jpg

写真は新作の「SNOWY・2011」 サロン・ド・ヴェールで

1泊2日で長野県小諸市のサロン・ド・ヴェールで行われている写真展「私はここにいます」に行ってきました。場所等は2011年4月16日のブログを参考にしてください。
メンバーは、奈良原一高さん、郷津雅夫さん、宮嶋康彦さん、阿部久仁夫さん、田中昭史さん、田中孝道さんと私です。
あいにくの雨でしたが楽しい一時を過ごしてきました。
26日はパーティーを開いたためたくさんの人が集まりました。
東京からも写真を見に来られた人もいて、また新たな出会いがありました。
写真展はいいものです。
6月27日まで開催していますので、小諸方面に来られましたらおたちよりください。
奈良原一高さんは軍艦島の写真を展示されています。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-29 23:31 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

世界記憶遺産(山本作兵衛・筑豊炭坑画)

f0173596_9264746.jpg



一昨日、大きなニュースが入ってきた。
故山本作兵衛さんの筑豊炭坑画(田川市石炭・歴史博物館が多くを所蔵)が、ユネスコの世界記憶遺産に登録される事に決まった。
日本の歴史資料の登録は初めてのことだ。
このニュースには驚いた。そして、日本の炭鉱文化が世界に認められたのはたいへん嬉しい事だった。
一昨年に開催された東京・目黒区美術館での「文化資源としての炭鉱展」では、山本作兵衛のオリジナルを数多く展示した。私もこれほどいっぺんに作兵衛さんのオリジナルを見たのは初めてで、あらためて感動させられた。
石炭から石油そして原子力へとエネルギーが移って行く中で、石炭産業が明治の近代化や戦後復興に大きな役割を果たしてきたし、多くの炭鉱労働者の犠牲があったことは忘れてはならない。
今回の作兵衛さんの炭坑画が記憶遺産に登録される事は、久々の明るいニュースだった。
筑豊の記録作家・故上野英信さんも、生きていられたらきっと喜んだにちがいない。

写真は1995年に撮影した住友忠隈炭鉱のボタ山。
かつての産炭地・筑豊でも原形のボタ山は少なくなってきた。
ボタ山の向こうに飯塚の町並みが見える。
作兵衛さんは笠松村(現・飯塚市)出身。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-28 10:28 | 炭鉱 | Trackback | Comments(6)

夕張91・福住

f0173596_2203120.jpg
f0173596_2205035.jpg
f0173596_221556.jpg
f0173596_2212178.jpg


夕張の人口が10万人を越えていた頃、福住地区の上の方まで炭住がびっしり建っていた。
現在は炭住は無くなったが、歩くと生活の痕跡が見られる。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-24 22:07 | 夕張 | Trackback | Comments(6)

夕張90・旧炭山祭りその2

f0173596_188227.jpg

真谷地
f0173596_1881935.jpg

真谷地六区
f0173596_188353.jpg

真谷地~沼ノ沢
f0173596_188513.jpg

本町
f0173596_1891493.jpg

夕張神社
f0173596_1892827.jpg

夕張神社

昼食後、お神輿は清陵町を出発し真谷地へ向った。
その後、南清水沢、若菜、鹿ノ谷、末広をへて本町にもどってきた。
以前は本神輿のほかにもう1つ神輿があり、清陵町や本町では担ぎ手がいた。
そして、お神輿は本町から夕張神社まで担がれていた。
最後に夕張神社の石段を登るのが勇ましかった。
現在は人口も少なくなり担ぎ手がいないのだろうか。
仕方ないが、なんだか寂しい気がする。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-21 18:33 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張89・旧炭山祭りその1

f0173596_22173316.jpg

夕張神社
f0173596_22181449.jpg

旭町
f0173596_22194253.jpg

恵団地
f0173596_22201240.jpg

恵団地
f0173596_22211810.jpg

宮前町
f0173596_2222255.jpg

宮前町
f0173596_22223279.jpg

宮前町

今年の炭山祭りは午前中は曇りで寒かった。
午後は天気が回復し桜も咲き始めた。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-20 22:31 | 夕張 | Trackback | Comments(4)

夕張88・大夕張・常盤町跡

f0173596_104331100.jpg
f0173596_10434775.jpg
f0173596_1044185.jpg
f0173596_10441610.jpg
f0173596_10443223.jpg


雨が続いたためか今年の夕張川の水量は多い。
昭和36年竣工の鹿島橋を渡ると常盤町跡へたどりつく。
もう20年近く前になると思うが、画家の故畠山哲雄さんに案内されて来た事があった。
その時も炭住は跡形もなくなかったが、畠山さんからかつての繁栄を聞いた。
久しぶりに歩くと、人々の生活の痕跡があちこちに見えてきた。
千年町と常盤町を結んだ暁橋の橋脚(最初の写真)も健在だった。
大夕張炭鉱の閉山から40年近く経ち、かつての生活の場はゆっくりと自然にかえってきている。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-18 11:13 | 夕張 | Trackback | Comments(6)

夕張87・三弦橋

f0173596_15131692.jpg
f0173596_15133539.jpg


シューパロ湖にかかる三弦橋。
かつて森林鉄道の鉄橋として使われていた。
正面から見ると正三角形で、国内初の構造をしている。
現在建設中のシューパロダムができると、残念ながら貴重な産業遺産は湖底に沈んでしまう。
写真は夕暮れと夜の三弦橋の光景。
橋を月明かりが照らしていた。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-17 15:31 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張73・夕張新鉱通洞西口

f0173596_11372418.jpg

1982年
f0173596_11374119.jpg

2011年

夕張新炭鉱の玄関口の通同西口。
一番方を終えた炭鉱マンが人車をおり続々と出てきた。
新鉱の事務所と竪坑はこのトンネルの1キロ以上先にあった。
早いもので今年は新鉱のガス突出事故から30年。
今も残る赤錆びた通洞は、近くの慰霊碑と共に当時の様子を伝えている。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-10 12:01 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

大槌町・吉里吉里ビーチ

f0173596_12195562.jpg
f0173596_12201321.jpg
f0173596_1220281.jpg
f0173596_12204381.jpg
f0173596_122108.jpg

1987年7月撮影

吉里吉里ビーチは美しい海岸で海は穏やかだった。
そんな印象が残っている。
[PR]
by ysnowy | 2011-05-09 12:30 | 日常 | Trackback | Comments(2)