<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

旧井上房一郎邸

f0173596_12143778.jpg
f0173596_12145080.jpg

旧井上房一郎邸(1952年竣工)

群馬県高崎市の高崎市美術館内にある旧井上房一郎邸は、チェコ生まれの建築家、アントニン・レーモンドの東京・麻布にあった自宅兼事務所を写した建物として知られている。
子供の頃、私はこの邸宅の近くにある小学校にかよっていた。
大きな木に覆われ、高い塀にかこまれた向こうには「どんな豪邸があるのだろう」と想像をめぐらしていた。
現在、高崎市美術館となり、邸宅は保存され見学ができるようになった。
今回初めて美術館を訪れ、子供の頃のなぞの邸宅を見ることができた。
邸宅は思っていたよりも質素であったが、レーモンドスタイルが見られ、楽しませてもらった。
また、ゆっくり名建築を見たいと思っている。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-31 12:34 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)

旭川市彫刻美術館・旧旭川偕行社

f0173596_21124681.jpg
f0173596_2113114.jpg
f0173596_21131975.jpg


重要文化財の旧旭川偕行社。
この美しい建物は旧陸軍第7師団が旭川に設営された時に、将校たちの社交場として1902年(明治35年)に建てられたものだ。
現在は旭川市彫刻美術館として使われている。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-29 21:25 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張75・萩原吉太郎邸にて

f0173596_1941364.jpg


1982年・東京の萩原邸で

もう30年近く前になるが、夕張新炭鉱の閉山阻止の運動として、遺族が上京した。
そして、旧通産省前での座り込みや萩原邸を訪れた。
その時は私はまだ学生だった。
授業の合い間をぬって、いや正直に言えば授業をさぼって、遺族に同行した。
写真は、北炭元会長の萩原邸に到着した遺族。悲しみをこらえて閉山阻止を訴えた。
その日はあいにくの天気で、雨にぬれながら写真を撮ったことを昨日ように思い出す。
残念ながら写真の遺族の消息はわからないが、この夏の慰霊祭で、東京行動に参加した遺族の一人に出会った。約30年たち、渡せずにいた写真を渡す約束をすることができた。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-27 12:07 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張101・シューパロ湖

f0173596_1121641.jpg
f0173596_1123058.jpg


夏の渇水期、シューパロ湖の水位が下がると湖底が現れる。
炭鉱跡や自然と化した炭住跡の風景とは違った夕張の風景で好きだ。
現在、ここの下流では新しいダムが建設中で、あと数年すればこの風景も見られなくなってしまう。
残念だ。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-26 11:16 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張新炭鉱

f0173596_11455710.jpg

1989年・夕張新炭鉱で

写真は閉山7年経った夕張新炭鉱。
竪坑は解体されたが、事務所はそのままの状態で残っていた。
残されたキャップランプをひねると明かりがついた。
閉山から7年が経つが、まだバッテリーが生きていた。
「ヤマは生きている」と思いながらシャターをきった。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-18 11:58 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

夕張100・夕張新鉱慰霊祭

f0173596_9231780.jpg
f0173596_9233437.jpg


8月10日に行われた夕張新炭鉱の慰霊祭。
今年は事故から30年を迎える。
当日はあいにくの雨、慰霊碑前で行われていた慰霊祭は近くの会館で行われた。
遺族や元炭鉱マンと共に30歳の鈴木新市長(写真)も出席、事故の犠牲者に手を合わせた。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-17 09:39 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

アルテピアッツァ美唄の夏

f0173596_1426449.jpg
f0173596_1427053.jpg
f0173596_14271772.jpg


ろうそくの明かりで野外彫刻などが浮かび上がるアルテピアッツァ美唄の夏。
年に一度だけ、盆踊りの日にこの光景は見られる。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-15 14:36 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

日本キリスト教会・遠軽教会

f0173596_19364662.jpg
f0173596_1937551.jpg


遠軽の町を歩いていると美しい教会に出会った。
1931年竣工の日本キリスト教会・遠軽教会。
しばらく見入ってしまった。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-12 19:45 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)

夕張99・「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」・夕張川

f0173596_10573973.jpg
f0173596_10575484.jpg


変貌が激しい夕張。
しかし、あまり変わらない風景もある。
「春先の川」と題する畠山哲雄さんの作品は、清水沢から清陵町に向う途中の橋のたもと付近からかかれたものだ。ゆうばり小学校の体育館ができたもの、その風景は今もあまり変わらない。
ほっとする風景の一つだ。

夕張美術館で開催中の「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」は、7日までです。
是非お立ち寄りください。(入場無料)
[PR]
by ysnowy | 2011-08-05 11:10 | 夕張 | Trackback | Comments(9)

夕張98・夕張新鉱の通洞から流れる冷気

f0173596_10341818.jpg

通洞から流れる冷気

f0173596_11185678.jpg

27回忌・2007年


夏、湿気が多い時には、夕張新炭鉱の通洞から冷気が流れてくる。
近づくとひんやりする。

今年は新鉱の事故から30年。
通洞近くの慰霊碑では毎年慰霊祭が行われている。
事故は30年経っても忘れられない。
[PR]
by ysnowy | 2011-08-03 10:50 | 夕張 | Trackback | Comments(2)