<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鴻之舞金山

f0173596_9395048.jpg

鴻之舞・1995年

今年の夏に久しぶりに鴻之舞に行ってみた。
当時よりいっそう緑に包まれた感じだった。
煙突と壁だけ残った小学校は健在だったが、周りの木々の成長には驚いた。
「自然の回復は凄い」とあらためて感じた。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-30 09:58 | 鉱山 | Trackback | Comments(4)

巨幹残栄・崎戸炭鉱

f0173596_10342945.jpg

1995年撮影

一に高島、二に端島、三で崎戸の鬼ガ島。
三つとも離島ゆえに、脱出するのが困難であったためだという。
これらの離島の炭鉱はどれも絶景だった。
中でも崎戸炭鉱の風景は素晴らしいかった。
都心であれば億ションだろう。そんな社宅が空家となり建っていた。
当時、小倉に住んでいた私は、休日よく崎戸を訪れた。
写真の場所は、特に夕日が美しかった。
現在は解体され今はないという。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-29 10:55 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

80年代夕張78・平和の浴場

f0173596_11584949.jpg

1986年・平和で

炭住の横には畑があり、大根やにんじんなどの野菜が育てられていた。
この時期に炭住街を歩くと、野菜の収穫がよく見られた。
当時は平和の風呂も健在で、煙突から煙がたなびいていた。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-27 12:11 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(6)

80年代夕張77・石炭の歴史村

f0173596_11555673.jpg

1983年撮影

写真は開業当時の石炭の歴史村。
札幌近郊から多くの人が訪れていた。
今となっては信じられない光景となった。
このころは、財政が破綻するとは思わなかっただろう。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-23 12:03 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(5)

霧の清水沢電力所

f0173596_16565643.jpg

1992年撮影・巨幹残栄から

現在も解体が進んでいる北炭清水沢電力所。
夏が終わり気温が下がる秋になると電力所は霧に包まれた。
現役の頃はまるでSLのように煙を噴き上げていたことを思い出す。
しかし、少しずつ解体され、今はまるで抜け殻のようになっている。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-18 17:09 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

SNOWY・足跡

f0173596_171448.jpg


9月の中旬だと言うのに連日暑い日が続きます。
写真のように雪の上を歩いてみたくなりますね。
今年の夏は、我が家は昨年と比べ7月・8月は20%の節電。
何とか乗り越えましたが、このところの暑さはこたえます。
残暑はもうイヤですね。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-15 17:14 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

80年代夕張76・夕張新炭鉱繰込所

f0173596_14162480.jpg

1082年・夕張新炭鉱繰込所にて

新鉱の繰込所は何ともいえない雰囲気だった。
タバコの煙がもうもうとし、キャップランプの明かりが薄暗い中で光っていた。
ISO400のフイルムを増感し、ほぼ絞りが開放の状態で撮影した。
今のデジタルの時代であれば簡単に撮れるが、技術が未熟だった私は、今も苦労したことを思い出す。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-08 14:29 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(4)

写真展「ヤマに在りヤマへ還る」

f0173596_22181627.jpg

SNOWY・2011年

写真展「ヤマに在りヤマへ還る」は多くの人の手助けにより成り立っている。
今までの写真展とは違うところだ。
準備段階で何時間も話し、写真の選択を決めた。
プリント作業もまだこれからだが、今から11月の写真展が始まるのが楽しみだ。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-06 22:44 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

写真展「ヤマに在りヤマへ還る」を行います

f0173596_18183570.jpg
f0173596_18185182.jpg


11月16日から30日まで、北海道美唄市のアルテピアッツア美唄で写真展「ヤマに在りヤマに還る」を行います。
今回は「巨幹残栄」と「SNOWY」の2つのシリーズを展示します。
2001年の「さがみはら写真新人奨励賞」の受賞展の時に、巨幹残栄」を中心に「SNOWY」の一部を展示した事はありますが、今回のように2つのシリーズを同時に展示するのは初めてのことです。
九州から北海道までの炭鉱を中心に約50点を展示する予定です。
11月20日(午後2蒔から4時)には、北海道立近代美術館学芸副館長の佐藤友哉さんを招いてトークを行います。
アルテピアッツア美唄イベント情報 http://www.artepiazza.jp/event/

まだ、先のことですが是非ご覧ください。
[PR]
by ysnowy | 2011-09-01 18:57 | SNOWY | Trackback | Comments(2)