<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

SNOWY・写真展「ヤマに在りヤマへ還る」より

f0173596_1220424.jpg

SNOWYより

この一ヶ月間、少しずつプリントをしてきたがやっと終わりに近づいてきた。
「巨幹残影」はすでに終わり札幌の知人宅にあずけてある。
知人の額をお借りして展示する。
今回の写真展は多くの人たちの協力によって成り立っている。
漆職人の手により美しく蘇えった木の額もある。
またSNOWYの一部は東川町に収蔵しいてある作品をお借りした。
多くの人たちに協力していただく写真展は格別である。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-30 12:40 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

美唄の秋

f0173596_20431680.jpg

炭山之碑
f0173596_20445646.jpg
f0173596_20452233.jpg
f0173596_20454430.jpg

アルテピアッツァ美唄

今年の紅葉はきれいでした。
アルテピアッツァ美唄のギャラリーで、11月16日ー30日まで行う写真展「ヤマに在り ヤマへ還る」の準備も順調に進んでいます。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-28 21:05 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

東川郷土館(旧東川役場庁舎)

f0173596_1153014.jpg

東川郷土館(旧東川役場庁舎)

写真の町で全国に知られる東川町。
この町には、旧役場をそのまま利用した東川郷土館があります。
東川の開拓時代の農耕機具が展示され、かつて東川を走っていた電車(本物)も展示されています。
写真だけでなく、古いものちゃんと残す町です。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-27 12:14 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)

奔別炭鉱竪坑ヤグラ

f0173596_1184675.jpg
f0173596_119515.jpg


奔別炭鉱の竪坑ヤグラは現存する日本最大級のヤグラだ。
今、竪坑周りの施設の解体が進んでいる。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-24 01:39 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

夕張104・鹿の谷小学校解体

f0173596_10501285.jpg

10月15日撮影
f0173596_10503885.jpg
f0173596_10505827.jpg
f0173596_10511647.jpg

今年6月撮影

北炭の幹部社宅が近くにあり、幹部の子供たちが通ったことから、「北炭の学習院」と言われた鹿の谷小学校が解体されました。
昨年は青陵小学校が解体され、今年は鹿の谷小学校です。
夕張から炭鉱の面影がまた一つ消えました。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-22 11:07 | 夕張 | Trackback | Comments(6)

夕張103 ・夕張新炭鉱竪坑ヤグラの模型

f0173596_20462047.jpg


紅葉の山々を背に立つ夕張新炭鉱竪坑ヤグラ。
30年前の事故の時、竪坑の背景の紅葉が印象的だった。

写真の竪坑は精工に作られた模型で、紅葉真っ盛りの夕張で写したものだ。
見ていて当時の事を思い出した。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-20 21:01 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張102 ・夕張新炭鉱の事故から30年

f0173596_2173394.jpg
f0173596_2175381.jpg
f0173596_2181075.jpg

夕張新炭鉱跡で、10月16日写す


1981年に93人の犠牲者をだした夕張新炭鉱のガス突出事故から30年が経った。
竪坑跡の周辺は、今年も美しい紅葉に包まれていた。
繰込所などの施設は解体され、コンクリ-トの土台が残るのみだった。
何気なく足元をみると、熊の糞がいくつも転がっていた。
多くの炭鉱マンでにぎわった繰込み所は、今は熊の生息場所となっていた。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-19 21:27 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張79・平和、炭住街の子供たち

f0173596_10483964.jpg

1982年・夕張市平和

平和や千代田にはマンサードの炭住が多く並んでいた。
社光や高松などとはまた違った炭住風景で、ここもよく撮影した。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-11 10:54 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(6)

巨幹残栄・奔別炭鉱の会館跡

f0173596_1032173.jpg

1993年・奔別炭鉱で

現在も日本最大級の竪坑が残る奔別炭鉱。
以前はかなり痛んだ会館があった。
確か90年代の終わり頃に解体されたと思う。
全国を歩いていて撮影してきたが、多くの施設がその後に解体されてしまった。
残念だが、老朽化が進むと危険なため仕方ないのだろう。
[PR]
by ysnowy | 2011-10-04 10:49 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)