<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

給水塔

f0173596_15454595.jpg


近年は毎年撮影している給水塔。
鉄骨のヤグラの上にちょこんと乗ったシンプルな形が好きだ。
しかし、最近は老朽化が目立ち表面に穴が開いてきた。
逆光で撮ると一つ目小僧のように見えた。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-31 15:53 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)

日本特殊鋼管大湊工場

f0173596_22495241.jpg
f0173596_22501627.jpg


来月3日から始まる写真展「巨幹残栄」の準備も終わり、市立西脇病院での写真展「SNOWY」も始まったため、久しぶりに撮影に行ってきた。
青森市は大雪だが下北は昨年より少なく感じた。
1990年に行って以来何度となく訪れたが、ここ数年はSNOWYの撮影のスタートを下北から始めている。
来月は北海道に行く予定だ。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-30 23:12 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)

ベン・シャーンと人民裁判事件記録画

f0173596_10345129.jpg

美術館から見た海
f0173596_10351640.jpg

ベン・シャーン展の図録(左)と写真集
f0173596_10353866.jpg

写真集から
f0173596_10355534.jpg

美唄にある「習作 人民裁判事件記録画」1950年


 先日、神奈川県立美術館・葉山で1月29日まで開催されている「ベン・シャーン クロスメディア・アーティスト」展を見に行ってきた。昨年から開催されていて「行こう」と思っていたが写真展の準備などがあり、この時期になってしまった。私は特にベン・シャーンの写真が見たかった。私の本棚の片隅にボロボロになったシャーンの写真集がある。『BENSHAHN PHOTOGRAPHER』(1973年)で学生時代の80年代はじめに池袋の洋書店で手に入れたもの。当時の私にとっては高価な買い物だった。なぜかベン・シャーンという作家の名前が印象的で写真もあまり見ずに衝動買いしてしまった。写真の印象はウォーカー・エヴァンスが35ミリでスナップしているような印象だった。そのときは勉強不足で、後に2人はFSAで一緒に仕事をしていた事を知った。
そんな写真集がある時、集合住宅の水漏れで水にぬれボロボロになってしまった。その時処分しようと思ったが、捨てられず本棚の一番目立たない片隅に追いやられた。その写真の現物が見られただけでも満足だった。写真以外のベン・シャーンの作品について私は「凄い、見るべき」としかいえないし、言葉でうまく表現できない。そのぐらいやはり凄い。
 今回の展覧会は、このあと名古屋、岡山、そして福島県立美術館へと回るがアメリカの美術館から借りた作品70点は岡山までと言う。1月23日の毎日新聞朝刊2面にこのことが書かれている。詳しくは紙面を読んでほしい。つまり70点は福島では見られない可能性が高いのだ。放射能の影響だと言う。すごい皮肉である。第五福竜丸事件なを描いた「ラッキードラゴン」(福島県立美術館蔵)などの作品を製作したベン・シャンーが、存命だったらどう思うのだろうか。聞いてみたくなった。ぜひ展覧会に足を運んでほしい。
 ベン・シャーンの一連の作品を見て、私は北海道美唄市にある「習作 人民裁判事件記録画」を思い出した。1950年に三菱美唄炭鉱の美術サークルの5人が共同製作した(193、9×130、3)の絵は、戦後すぐの労働争議のなかで、経営者たちの責任追及まで及んだ「人民裁判」を描いたものである。
私は目黒区美術館での「文化資源としての炭鉱展」で見て、また見たくて昨年の美唄での写真展の時に美唄市の収蔵庫で見せていただいた。これは私の勝手な推測だが、当時の美術サークルの人たちは、シャーンの作品から少なからずとも影響を受けていたのではないだろうか。目黒で展示した炭鉱のポスターなども私はそのように推測してしまった。
ベン・シャーン展、今度は福島で見たい。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-27 11:59 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

石炭ストーブ

f0173596_936490.jpg


連日寒い。
今日の夜は雪の予報が出ている。
このような日は石炭ストーブが懐かしくなる。
人が住まなくなった炭住にフジキ式のストーブが残っていた。
このストーブが使われていた頃を想像すると、少し温かくなる。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-23 09:47 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

米コダック経営破綻

f0173596_1156920.jpg

SNOWY

東京は朝から雪が降っている。
今日、新聞に米コダック経営破綻の記事が載っていた。
昨年9月末の負債総額は67億5000万ドル(約5200億円)で、最終損失は6億8700万ドル。
近年は赤字を計上していたという。
私が使っているモノクロフィルムはコダックTMAX。
業務は継続されると書かれていたが、今後は何が起きても不思議ではない。
印画紙の価格も上がり、フィルムもこの状態だ。
まさしく今日の天気のように寒い日が続く。

写真展
「SNOWY」
1月23日ー3月2日まで 兵庫県・西脇市市立西脇病院で
http://nshp.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=81

「巨幹残栄」 2月3日ー25日まで、東京・中野のギャラリー冬青で
http://www.tosei-sha.jp/TOSEI-NEW-HP/html/EXHIBITIONS/j_exhibitions.html
[PR]
by ysnowy | 2012-01-20 12:17 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

巨幹残栄・尾去沢鉱山

f0173596_1112377.jpg
f0173596_11125672.jpg

1989年撮影

写真をプリントしいていると、どこかに行きたくなる。
ネガには思い出もあるが、今見返してみると歯がゆくなる事がある。
被写体はいいのに・・・と言うわけだ。
「現在だったら撮り方がもっと違うのに」と思う。
そこが写真のおもしろさかもしれない。

写真の頃の尾去沢鉱山には、ボロボロの選鉱所が残っていた。
坑内の観光施設も多くの人たちが訪れていた。
駐車場はいっぱいで、まるで夕張の歴史村のようだったと記憶している。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-17 11:29 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)

巨幹残栄・都茂鉱山

f0173596_23262522.jpg


「コダックが破産法申請か」との報道がされている。
コダックのフィルムには長年お世話になってきた。
そういえば、先日ヨドバシカメラで2月1日からT-MAXの100などのフィルムが値上がりすると言う紙が張ってあった。
思わずこの冬用のフィルムを買い込んでしまった。
これから、さらにフィルムは厳しい状態になるだろう。
なくさないためにも、これからも使おうと思っている。

写真は島根県の都茂鉱山の選鉱所跡。
ここを訪れた時は夏ですごく暑かった。
近くの壊れかけた建物にはスズメバチの大きな巣があり、「ドキ」としたが、夏の強い日差しを浴びて咲くユリが可憐でずっと見ていた。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-13 23:55 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)

巨幹残栄・好間炭鉱ズリ山

f0173596_1137016.jpg


来月の写真展が迫り、最近はプリントをしている。
プリントが終わらないと撮影にも行けない。
近年、「SNOWY」の雪のプリントばかりしていたため、なれるまでに多少時間がかかる。
プリントは難しいし、奥が深い。
写真は写真集「巨幹残栄・忘れられた日本の廃鉱」の表紙に使ったいわき市の好間炭鉱のズリ山。
この写真を撮った時の事は昨日の事のように思い出す。
カメラを構えた時に、実は雲はなかった。
しばらく待っていると、左手の方向に形のよい雲が現れた。
「あの雲が来たらいいな」と思っていたらズリ山の上に流れて来たのだった。
この日は上空は風が強く、雲はすばやくズリ山の上を通り過ぎて行った。
35ミリカメラでモードラで撮っているのならまだしも、6×6の1枚きりは結構なものだった。(笑)
この日は幸運だったのだろう。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-10 12:04 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

写真展・巨幹残栄

f0173596_1249110.jpg
f0173596_12491899.jpg


2月3日から25日まで写真展・巨幹残栄を行います。
2004年に写真集を出版。
昨年、美唄で久々に展示するまで、最近は写真展を行っていませんでした。
東京では8年ぶりです。
未発表の作品も展示します。
[PR]
by ysnowy | 2012-01-09 12:57 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

謹賀新年・今年の写真展予定

f0173596_10101560.jpg


謹賀新年、今年も宜しくお願いします。
今年の写真展の予定です。

兵庫県西脇市の西脇市立西脇病院の病院アートプロムナードで「SNOWY」を1月23日から3月2日まで行います。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://nshp.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=81

東京・中野区のギャラリー冬青(冬青社)で、写真展「巨幹残栄」を行います。
東京での巨幹残栄の展示は久しぶりです。
写真集の中から選んだものと未発表のものを展示します。
展示期間   2012年2月3日(金)~25日(土) 日曜・祭日・月曜日休みです。

東京・浅草橋のマキイマサルファインアーツでは、白濱雅也さん、横湯久美さんと3人展を行います。
私の展示は、美唄での展示「ヤマに在りヤマへ還る」をコンパクトにしたものです。
ロール紙にプリントされた写真と床に置いた写真を中心に展示する予定です。
タイトル マキイスタッフセレクションVol.6「You were here/You are here」
会期 2012年3月9日(金)~3月20日(火) 
会場 マキイマサルファインアーツ1F&2F
[PR]
by ysnowy | 2012-01-05 10:23 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)