<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夕張117・鹿ノ谷駅付近で線路下の土砂流出

f0173596_22103274.jpg

写真は現場付近を走るキハ40、3月29日撮影

夕張市鹿の谷のJR石勝線・鹿ノ谷駅付近で、27日朝、線路下の土砂が流出し線路が宙づりとなった。
この冬は夕張も大雪で、ここ数日気温が上がり雪解けが進んだと言う。
線路の崩壊は列車が通過した直後で、けが人はなかった。
鹿の谷では3月初め元パチンコ店が雪の重みで崩壊した。(夕張111)
それにしても大惨事ならない夕張はなんと強運の町だろう。

詳しくは北海道新聞http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/368371.html
[PR]
by ysnowy | 2012-04-27 22:24 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張81・夜逃げの部屋

f0173596_1234625.jpg

1983年撮影

夕張新炭鉱が閉山となり、下請け労働者が多く住んでいた地区では、夜逃げをした人もいたと言う。
写真は「夜逃げをした」と言われていた部屋の中。
仏壇がそのまま残り、衣類などが散乱していた。
何年かたち、下請けの寮をしていた人に当時の事を聞くと「夜逃げはよくあった」と話してくれた。
これも炭鉱の現実の一つだ。
[PR]
by ysnowy | 2012-04-23 12:18 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(8)

SNOWY・夜

f0173596_19423199.jpg
f0173596_19425264.jpg


よく夜の撮影をする。
この冬も何回か試みてみた。
被写体のまた違うところが見えるのがいい。
しかし、寒いけれど・・・・。
[PR]
by ysnowy | 2012-04-21 19:49 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

文化資源としての<炭鉱>展「夜の美術館大学」・講義録出版

f0173596_13153245.jpg

「夜の美術館大学」・講義録

f0173596_13154983.jpg

目次

f0173596_13161197.jpg

「すかぶら長ぁー談義」から

2009年に東京・目黒区美術館で開催された「文化資源としての<炭鉱>展」の「夜の美術館大学」・講義録(308ページ)が出版されました。
同展は「美連協大賞2009」を受賞、話題となった展覧会で図録も期間中に絶版となりました。
「夜の美術館大学」・講義録は、展覧会期間中に行われた講義を中心に編集されたものです。
写真等もたくさん掲載されており、貴重な資料となると思います。
ちなみに私も「すかぶら長ぁー談義」を行いました。
関心のある方は、目黒区美術館に問い合わせてみてください。
http://mmat.jp/catalogue/ オンラインショップで購入できます。
[PR]
by ysnowy | 2012-04-09 14:20 | 炭鉱 | Trackback | Comments(6)

桐生・一の湯

f0173596_1929314.jpg


群馬県桐生市本町一丁目にある一の湯。
この日は定休日だったが入ってみたくなる銭湯だ。
[PR]
by ysnowy | 2012-04-08 19:38 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(4)

夕張116・埋もれた石炭の歴史村

f0173596_22452968.jpg


雪が溶けるのはいつのことだろうか。
歴史村は雪にすっぽり覆われている。
まだ春は遠い。?
[PR]
by ysnowy | 2012-04-04 22:55 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張115・埋もれた坑夫の像

f0173596_16232219.jpg


日差しは暖かさを感じたが、まだまだ雪は多く坑夫の像(採炭救国像)は腰の辺りまで雪に埋もれていた。
今年の大雪で歴史村の施設の一部も被害が出ていると言う。
「春が待ち遠しい」そんな言葉を何度も耳にした。
[PR]
by ysnowy | 2012-04-03 16:34 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張114・夕張市美術館の解体始まる

f0173596_12345620.jpg
f0173596_1235142.jpg

解体進む夕張市美術館
f0173596_12353057.jpg

運び出された木彫作品
f0173596_12354829.jpg

美術館の下は川が流れるている。解体は慎重に進んでいる



雪で屋根が崩落した夕張市美術館の解体作業が始まった。
美術館内に入り込んだ雪を重機が取り出しながら、残された作品も慎重に外に運び出された。
解体には1ヶ月ほどかかると言う。
写真は3月31日撮影
[PR]
by ysnowy | 2012-04-01 12:40 | 夕張 | Trackback | Comments(8)