<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

80年代夕張87・夕張新炭鉱選炭工場

f0173596_22222854.jpg

1984年撮影

現在は解体されないが、沼ノ沢駅の東側には夕張新炭鉱の巨大な選炭工場があった。
写真は新鉱の閉山後に撮影したもので、工場の脇には炭車をひいた機関車が置かれていた。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-28 22:36 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(4)

80年代夕張86・角田炭鉱と根尾さん

f0173596_1511899.jpg

1982年・角田炭鉱で


根尾さんと知り合ったのは、根尾さんが定年の日だった。
そして、夕張新炭鉱の通洞西口で定年の記念に写真を撮った。
根尾さんは、角田炭鉱、平和炭鉱、そして夕張新炭鉱で炭鉱マンとして働いた。
角田炭鉱を案内していただいたのは1982年の5月、根尾さんのバイクの後ろに乗って角田炭鉱を訪れた。
坑口までは行けなかったが、炭鉱のゲート跡やズリ山、炭住の基礎などが残っていた。
所々にスイセンが咲き、かつての生活の痕跡が見られた。
あれから30年、同炭鉱付近は露天掘りの炭鉱となっている。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-26 16:07 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張124・畠山哲雄さん

f0173596_10444394.jpg

在りし日の畠山哲雄さん、赤間炭鉱選炭機跡で1998年撮影

f0173596_1045341.jpg

解体された夕張市美術館

夕張の炭鉱画家・畠山哲雄さんが亡くなってから13年が経つ。
畠山さんの多くの作品を収蔵する夕張市美術館は、この冬の豪雪で建物が崩壊し、解体された。
美術館の収蔵作品は、市の他の施設に保管されているが、まとまって畠山さんの作品が見られないのは今さらながら残念だ。
夕張は風景が激変する町、美術館がない今、畠山さんが描いた炭鉱風景から、活気のあった夕張を見ることさえもできない。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-25 11:17 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

SNOWY

f0173596_10565168.jpg

2012年撮影


北海道は季節が逆戻りしたような寒さだという。
現在の東京も、なんだか肌寒い。
この夏は冷夏?になるのだろうか。
そうすれば電気を使わなくてすむが・・・・・・。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-13 11:02 | SNOWY | Trackback | Comments(4)

巨幹残栄・岩倉炭鉱

f0173596_131641.jpg

1998年撮影

宮城県の細倉鉱山の近くにあった亜炭のミニ炭鉱。
70代のベテラン炭鉱マン3人が採掘していた。
この近くでは亜炭の炭鉱がいくつかあった。そして、細倉鉱山が亜炭を使用していたという。
訪れた時は休坑状態だったが、坑内を案内してくれた。
北海道の伊藤炭鉱よりも小さく、当時現存していることが不思議なくらいの炭鉱だった。
採炭を再開したら撮影させていただくことになっていたが、水没した坑内の水が引かず、結局2000年に閉山してしまった。
アセチレンのカンテラを持ち入坑した思い出が残っている。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-11 13:18 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

SNOWY

f0173596_10343166.jpg


東京は今日は晴れているが、明日から天気は下り坂のようだ。
そろそろ入梅かもしれない。
このような時は北海道に逃げたくなるが・・。(笑)
雪の写真を見て、気分だけでも涼しくなりたい。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-08 10:44 | SNOWY | Trackback | Comments(4)

80年代夕張85・平和の子供たち

f0173596_11252150.jpg

1982年・夕張市平和で


この頃はどこの炭住街を歩いても、子供たちの遊ぶ姿が見られた。
このような4人乗りのブランコもあった。
現在は子供は見かけないし、このようなブランコはもちろんない。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-04 11:39 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張123・新緑のズリ山

f0173596_20526.jpg


年々緑が濃くなるズリ山。
雪が溶け新緑の頃もいいもんだ。
やがて周りの山と区別ができなくなるだろう。
[PR]
by ysnowy | 2012-06-01 20:17 | 夕張 | Trackback | Comments(2)