<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

足尾銅山・大煙突と橋本康夫さんの写真展「ヤマと暮らしと人と」

f0173596_1418210.jpg

1999年撮影・巨幹残栄から

1919年に建てられた46.2メートル大煙突で、今でも足尾の象徴的存在だ。
対岸の社宅は解体され今はない。

私の知人の写真展のお知らせがあります。
8月1日から9月30日までNPO法人足尾歴史館で、橋本康夫さんの写真展「ヤマと暮らしと人と」が開かれる。橋本さんは全国の鉱山や炭鉱を訪れ撮影を続けられた。
足尾に来られたらぜひ御覧になってほしい。

場所等は写真展のDMを見てください。
f0173596_14182735.jpg
f0173596_14184849.jpg

[PR]
by ysnowy | 2012-07-31 14:44 | 足尾 | Trackback | Comments(4)

昭和飛行機の給水塔と花火

f0173596_21343656.jpg


連日熱帯夜が続く東京。
今日は国営昭和記念公園の花火大会だった。
同公園は返還された立川基地を公園にしたもので、戦前は陸軍航空工廠と飛行場だった。
そして給水塔のある昭和飛行機工業は、戦前からの航空機製造会社。
昭和飛行機の給水塔の向こうに見えた花火は、戦後67年経つた平和の光景の一つだと思う。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-28 22:14 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)

白滝鉱山

f0173596_12491125.jpg

白滝鉱山・高知県大川村で2001年撮影

江戸時代から採掘された歴史ある鉱山。
大正時代に日本鉱業の前身である久原鉱業のものになった。
1944年が最盛期で、金銀銅・硫化鉄を産出したが、1972年に閉山。
北海道の豊羽鉱山などに転勤したという。
写真は社宅跡に残る使われなくなった浴場跡。
蝉の抜け殻が夏の名残を示していた。
実は撮影したのは冬で、しかもこの日は雪だった。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-26 13:15 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)

夏祭りと炭坑節

f0173596_14492823.jpg


土日は近所の団地の夏祭りが行われた。
戦時中ここの辺りは航空機製造会社の滑走路だったという。
現在は高層の団地が建ち並んでいる。
お祭りの後半は盆踊り、遠くから見ていると「炭坑節」が聞こえてきた。
東京(23区ではないが一様東京都)で炭坑節を聞くのもなんだか不思議な感じがする。
それだけ炭坑節が一般に広まり大衆化した事だと思うが、ここは東京なのだから「東京音頭」でいいじゃないか。もちろん何曲か踊るうちに「東京音頭」も踊っていたが、何人が三池炭鉱、いや炭鉱を知っているのだろうか。
現在日本の炭鉱は、いくつかの露天掘りと釧路コールマインしかなく、ほとんどの人はその存在を知らないだろう。
でも炭鉱の存在は知らなくても、誰でも「炭坑節」は知っている。
歌の存在は大きい。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-23 15:38 | 日常 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張89・石炭ストーブ

f0173596_12103086.jpg

1986年・夕張市平和で

今自宅の室内の温度は22度、2日前は32度もあった。
たまらず禁断のエアコンを使ったが、夜まで暑くその夜は熱帯夜だった。
今年の夏は気温が上がっても風が強く暑さにたえられたが、風のない日はたまらない。

ところで夏の夕張では、少し寒くなると石炭ストーブを炊いていた。
今日のように肌寒い日は、夏の石炭ストーブを思い出す。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-20 12:26 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張125・大夕張の代々木アパート

f0173596_1418453.jpg

90年代後半の頃の代々木アパート

大夕張に行く度に訪れた代々木町のアパート。
昭和30年に建てられた鉄筋コンクリート製のアパートは、水洗トイレつきで人気があったという。
撮影した頃は古びていたが、4階建てのアパートは遠くからでも目に付き、すごく絵になった。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-17 14:39 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

SNOWY・明治庶路炭鉱

f0173596_1425199.jpg
f0173596_143824.jpg

SNOWY・明治庶路炭鉱

昨日までは梅雨明けのような天気だったが、今日は強風と雨が降ったりやんだりしている。
梅雨明けも近くなってきているのだろう。

さて、写真はよく訪れる明治庶路炭鉱。
傾いた炭鉱施設や、巨大なホッパーなどが残っている。
何度訪れても飽きない炭鉱跡だ。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-12 14:14 | SNOWY | Trackback | Comments(4)

SNOWY

f0173596_117298.jpg

SNOWYから

雨はあがったが、蒸し暑い。
撮影がないと毎日が日曜日で曜日の感覚がなくなる。(笑)
[PR]
by ysnowy | 2012-07-08 11:14 | SNOWY | Trackback | Comments(4)

昭和飛行機工業の給水塔

f0173596_21592654.jpg
f0173596_21595020.jpg



昭島市拝島町で


近くを通るたびに気になっていた給水塔があった。
その給水塔は銀色に輝き、ナベを伏したような形をしていた。
戦前創業の航空機産業の給水塔で、横を走るJR青梅線の車窓からもよく見える。
いつから使われているのかは解らないが、その造形が実に美しいし、堂々と建っている。
家から近いのでしばらく給水塔の四季を見ていこうと思う。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-05 12:55 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(4)

SNOWY・えたいの知れないモノ?

f0173596_1251799.jpg

2012年撮影

今日は東京は朝から暑い。
熱中症の危険性を天気予報でさかんに言っていた。
そんなわけで少しでも涼しい気分になりたくてSNOWYの写真を探し出した。
写真は今年、炭鉱町で写したもの。
私には、何だかえたいの知れない生物に見えた。
これも雪の造形の面白さの一つだ。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-04 12:13 | SNOWY | Trackback | Comments(2)