<   2012年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いわき「日々の新聞」

f0173596_13441535.jpg

小野田炭鉱の炭住 2012年 いわき市で
f0173596_13443489.jpg

古河好間炭鉱 2004年 いわき市で
f0173596_19543324.jpg

日々の新聞 2013年1月1日号

いわき市のコールピットギャラリーでの写真展の時に、「日々の新聞」の存在を知った。
たまたまネットでいわき市好間出身の写真家・故鈴木清さんのことを調べていると、、「日々の新聞」での特集記事の事を知った。すぐに図書館でバックナンバー読み、記事の筆者に会いたいと思った。
鈴木清さんは私が学生の時から好きな写真家で、何度か写真展を見に行ったことがあった。
写真集を買うと「サインしましょうね」と言いサインをしてくれた。その時の笑顔が忘れられない。特に大倉山での写真展は今でも強く印象に残っている。
その鈴木さんのいわき時代の事が丹念に取材され書かれていた。そして何度も読みたくなる興味を引く文章だった。鈴木さんの実家がまだ現存している事も知った。
その日のうちに新聞社を訪ねたが、あいにく留守で、ポストに写真展のDMを入れておいた。
こうして「日々の新聞」とのつながりができた。
今回の写真展は、いろんな人とつながりができた最高の写真展だった。

日々の新聞の1月1日号に紹介されました。是非見てください。
日々の新聞ホームページhttp://www.hibinoshinbun.com/

そんなわけで来年もいわき通いが続きます。もちろん夕張もです。
みなさんよいお年を。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-30 14:18 | 常磐 | Trackback | Comments(2)

築約100年の炭住の解体

f0173596_18465732.jpg
f0173596_18471748.jpg
f0173596_18473747.jpg
f0173596_18475312.jpg


いわき市旧小野田炭鉱の炭住街。
人のすまなくなった炭住の解体が始まった。
この辺りの炭住は大正5年に現在所有する会社のものとなった。
それより以前に建てられたものであるため、築100年は超えている。
恐らく明治期の炭住にちがいない。そして、この間人々の生活の場となってきた。
もちろんこの炭住も紙屋根の炭住だ。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-24 18:57 | 常磐 | Trackback | Comments(4)

炭住にあった映画ポスター「大道寺兵馬」

f0173596_2237539.jpg

いわき市で

解体前の炭住。
壁紙をはがすと古い映画のポスターが現れた。
「いつごろの映画だろうか」と思い調べてみると、日活映画「大道寺兵馬」は1928年12月21日に公開されていた。
昭和はじめの映画だった。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-23 22:42 | 常磐 | Trackback | Comments(2)

いわきでの写真展「ヤマに在りヤマに還る」終了

f0173596_11405238.jpg

町内会の回覧板

いわきのコールピットギャラリーで開催していた写真展「ヤマに在りヤマへ還る」は無事終了しました。
11月末に新しくオープンしたギャラリーでしたが、少しずつ認知されてきたようです。
同じ町内の人が回覧板で写真展を広報してくれました。
何度となく写真展をしていますが、このようなことは初めてです。
町のギャラリーとしてこれからが楽しみです。
ありがとうございました。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-19 11:53 | 常磐 | Trackback | Comments(2)

夕張132・夕張の冬

f0173596_11322958.jpg


宮前町から見た清陵町の炭住街。
遠くから見るときれいだが、だいぶ古くなってきた。
かつての夕張新炭鉱の時代は賑わっていたが、現在は空き家が目立つ。
早いもので閉山から30年が経つ。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-15 11:39 | 夕張 | Trackback | Comments(4)

夕張131・マンサード屋根の炭住

f0173596_1242994.jpg
f0173596_12423155.jpg
f0173596_12424828.jpg
f0173596_1243688.jpg



最近は常磐の紙屋根炭住を見ているため、夕張のマンサード屋根の炭住を見ると、本州と北海道の炭住の違いが見え興味深い。
夕張のあちこちでこのような炭住は見られたが、現在は清栄町に2棟あるのみとなった。
だいぶ手をいれられているが、なにしろ現役なのがいい。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-13 13:09 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

萩原義弘とヤリアミサコ:写真と詩「私は母を産まなかった」終了しました

f0173596_17112181.jpg
f0173596_17114326.jpg


マキイマサルファインアーツでの萩原義弘とヤリアミサコ:写真と詩「私は母を産まなかった」は無事終了しました。
期間中たくさんの新たな出会いがあり、楽しい2週間でした。
ありがとうごじました。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-12 17:17 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

好間炭鉱ズリ山の変貌

f0173596_1337297.jpg

2012年

f0173596_13372092.jpg

2006年

f0173596_13374240.jpg

1998年

久しぶりにいわき市の好間炭鉱のズリ山を見に行ってきた。
だいぶ木が大きくなり、あと10年もすれば普通の山と見分けがつかなくなるだろう。
今回はズリ山の変貌をお見せしたい。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-08 13:45 | 常磐 | Trackback | Comments(2)

炭住に残された新聞2

f0173596_731525.jpg

いわき市で

解体が進む紙屋根の炭住。
この新聞が残されていた炭住も解体されもう見られなくなった。
また一つの歴史が消えた。
[PR]
by ysnowy | 2012-12-07 07:46 | 常磐 | Trackback | Comments(2)

常磐炭鉱の築100年超の職員社宅

f0173596_113103.jpg

いわき市で

かつての常磐炭鉱の高級職員社宅が現存している。
建てられた頃は屋根は板で、その後紙屋根となり現在は瓦となっている。
この職員社宅、紙屋根の炭住と共に、今となっては貴重な炭鉱の遺産だ。
80過ぎのおばあちゃんに話を聞いたが、そのおばあちゃんのお母さんが住んでいたというから100年は建っている。
しかもいまだに現役なのがいい。現存する最古の炭鉱社宅かもしれない。


いわき市のコールピットギャラリーでは写真展「ヤマに在りヤマへ還る」が18日まで行われています。
こちらでも展示風景が見られます。http://coal-pit.com/exhibition.html
[PR]
by ysnowy | 2012-12-05 11:50 | 常磐 | Trackback | Comments(2)