<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

荒川鉱山・カラミ煉瓦ほか

f0173596_1181472.jpg
f0173596_1184217.jpg
f0173596_1195373.jpg
f0173596_11102136.jpg
f0173596_11105115.jpg
f0173596_11112227.jpg
f0173596_11114212.jpg


雪がとけ、草木が芽吹き始めた頃の荒川鉱山跡を歩くと、いろんなものが目につく。
古いビール瓶、坑夫が練習したであろうドリルの穴、そして至る所に使われているカラミ煉瓦。
光が当たると鈍く輝き、また雨にぬれると黒がいっそう引き立つ。何とも言えない魅力がある。
いろんなカラミ煉瓦の構造物を見てきたが、カラミ煉瓦の墓石を見たのは今回が初めてだった。
この鉱山のカラミ煉瓦工場では、カラミを使って、恵比寿様や大黒様を作ったという。
しかし、昭和15年に鉱山が休山し、そのカラミ細工も作られなくなった。
[PR]
by ysnowy | 2015-04-26 11:43 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

荒川鉱山・選鉱所跡

f0173596_1548155.jpg
f0173596_15482932.jpg
f0173596_1548551.jpg
f0173596_15491774.jpg
f0173596_155091.jpg
f0173596_15503715.jpg


荒川鉱山の巨大なカラミ煉瓦の選鉱所とシックナー。
雨に濡れたカラミ煉瓦は一段と黒さをまし美しい。
中世の城壁を思わせる。
[PR]
by ysnowy | 2015-04-23 15:55 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

荒川鉱山・カラミ煉瓦の煙突

f0173596_1351114.jpg
f0173596_13512540.jpg
f0173596_13531474.jpg
f0173596_13534471.jpg
f0173596_13541191.jpg
f0173596_13544025.jpg

カラミ煉瓦の煙突


1700年に河村庄右衛門が発見した秋田県大仙市協和の荒川鉱山。
明治の近代化や富国強兵に大いに貢献し、明治の終わりから昭和の初め頃が最盛期だった。
しかし、国策により昭和15年に休山し、多くの坑夫たちは尾去沢鉱山や細倉鉱山へと去って行った。
現在、鉱山跡にはカラミ煉瓦で土台が作られた選鉱所跡や、煙突などが残っている。
特に、この鉱山では至る所にカラミ煉瓦が使われていて、黒い要塞の様である。
[PR]
by ysnowy | 2015-04-21 14:24 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(0)

桜と給水塔

f0173596_21145138.jpg
f0173596_2115187.jpg

東京都・昭島市で写す。


給水塔には桜がよく似合う。
[PR]
by ysnowy | 2015-04-12 21:18 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)

変電所跡

f0173596_21203430.jpg
f0173596_2121249.jpg
f0173596_21213219.jpg
f0173596_21215477.jpg
f0173596_21221526.jpg


山中に佇む変電所跡。
屋根が落ち室内も雪に埋もれていた。
[PR]
by ysnowy | 2015-04-07 21:26 | 炭鉱 | Trackback | Comments(0)

我路郵便局

f0173596_18355147.jpg
f0173596_18362840.jpg
f0173596_18371184.jpg
f0173596_1838456.jpg
f0173596_18382691.jpg


かつての三菱美唄の中心地の我路。
閉鎖されたが煉瓦づくりの郵便局が残っている。
[PR]
by ysnowy | 2015-04-03 18:42 | 炭鉱 | Trackback | Comments(0)

映画館跡その2

f0173596_1835390.jpg
f0173596_1843977.jpg
f0173596_1852916.jpg
f0173596_186893.jpg
f0173596_187044.jpg

番組ホームページhttp://www.htb.co.jp/inishie/               


昭和の雰囲気が漂う映画館跡は、現在は倉庫として使われている。
[PR]
by ysnowy | 2015-04-01 18:13 | 炭鉱 | Trackback | Comments(0)