<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

持倉鉱山・カラミ煉瓦の精錬所跡

f0173596_18482053.jpg
f0173596_1848020.jpg
f0173596_1847435.jpg
f0173596_18471924.jpg


まるで古代遺跡のような持倉鉱山の精錬所跡。
人工物と自然が創り出す風景は美しい。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-27 18:53 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

持倉鉱山・カラミ煉瓦の事務所跡

f0173596_855311.jpg
f0173596_854306.jpg
f0173596_8533968.jpg
f0173596_8531325.jpg
f0173596_8522251.jpg
f0173596_8515153.jpg


90年代の終わりごろに何度か訪れたことがある持倉鉱山の事務所跡。
カラミ煉瓦でつくられた建築物は、自然の中で堂々と佇んでいた。
これを見て以来カラミ煉瓦の魅力にとりつかれた。
久しぶりに訪れたが、その雄姿は以前と変わらなかった。
カラミ煉瓦建築の最高傑作だと私は思っている。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-26 09:07 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

カラミ煉瓦の蔵・尾小屋鉱山

f0173596_1292876.jpg
f0173596_129811.jpg
f0173596_1284666.jpg
f0173596_1281626.jpg

尾小屋鉱山で写す

今までに、カラミ煉瓦でつくられた、選鉱所、煙突、塀、門柱などを見てきたが、カラミ煉瓦の蔵は初めてだった。
蔵からは鉱山が全盛の頃、鉱山町には商店などが立ち並び栄えていたことが解る。
大正中ごろの製錬所の写真にはカラミ煉瓦の土台が写っている。
そのことから尾小屋のカラミ煉瓦は大正時代ごろから製造がはじまったと言われている。
この蔵も大正から昭和初め頃のものではないかと推測される。
いづれにしろ同鉱山独特のもので貴重な遺産だ。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-16 12:25 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(1)

亀甲形のカラミ煉瓦・尾小屋鉱山

f0173596_10174389.jpg
f0173596_10172512.jpg
f0173596_10165853.jpg
f0173596_1016384.jpg


尾小屋鉱山の亀甲形のカラミ煉瓦。
亀甲形は尾小屋鉱山独特なもので日本ではここでしか作られなかった。
かつての鉱山町は寂しくなったが、カラミ煉瓦の壁にかつての繁栄を忍ばせている。
これも鉱山文化一つで、貴重なものだ。
大切に保存してほしい。
[PR]
by ysnowy | 2016-05-14 10:24 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)