タグ:夕張 ( 237 ) タグの人気記事

夕張25・夕張炭鉱ズリ山

f0173596_9232386.jpg

夕張炭鉱ズリ山

レースイスキー場のゴンドラで、冷水山に登ってみた。
以前、画家の畠山さんと秋に登った事があったからだ。
その時は車で頂上まで行けた。
畠山さんはここからも夕張岳の絵を描いている。
南清水沢付近から見える夕張岳とはまた違った絵だった。
かれこれ15年以上前のことだと思う。
また、頂上付近からは黒々とした夕張炭鉱のズリ山も見えた。
今回は、雪のズリ山が見たかった。

ズリ山は、大海を泳ぐ白鯨のようで、その存在感は以前と変わらず大きかった。
[PR]
by ysnowy | 2009-03-10 10:22 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張24・夕張岳

f0173596_814162.jpg

夕張岳

6日間の北海道での撮影を終え、昨夜遅く帰って来ました。

写真は、久しぶりに見た夕張岳。
ここは、夕張の画家・故畠山哲雄氏がよく描いた場所。
かつて、電力所の社宅や、炭住の向こうに夕張岳が見えた。

今は町の様子は変わったが、夕張岳は美しい容姿を見せてくれた。
[PR]
by ysnowy | 2009-03-09 08:15 | 夕張 | Trackback | Comments(4)

SNOWY・真谷地炭鉱選炭機跡

f0173596_9182130.jpg

SNOWY・真谷地炭鉱(夕張)

一ヶ月間に及ぶ神戸・TANTO TEMPOでの写真展も無事終了しました。
期間中、大勢の方に見ていただきありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

今シーズンも「SNOWY」の撮影を続けています。
今年12月には都内で写真展を行う予定です。
その時には、新作及び未発表ものを展示したいと思っています。

そういうわけで、今週は撮影のため北に向います。
もちろん、夕張にも・・。
[PR]
by ysnowy | 2009-03-02 09:36 | SNOWY | Trackback | Comments(6)

SNOWY・夜の真谷地炭鉱

f0173596_9415186.jpg

SNOWY・真谷地炭鉱

写真は、昨冬の真谷地炭鉱の事務所。
窓枠などは外され、雪は室内にも入り込んでいた。

しかし、今は解体され消滅。
[PR]
by ysnowy | 2008-12-05 09:52 | SNOWY | Trackback | Comments(0)

夕張23・ロボットオークション

f0173596_10583987.jpg


廃校の体育館に整列したロボット。

この夏に解体された「ロボット大科学館」に展示されていたロボットだ。
今、このロボットはインターネットオークションにかけられている。
目玉は、「鉄人28号」や夕張の平和を守る「ユーバロット」。

それぞれどんな地へ旅立つのだろうか。

夕張からの卒業。
[PR]
by ysnowy | 2008-11-17 11:22 | 夕張 | Trackback | Comments(4)

夕張22・ユーパロの湯

f0173596_2151019.jpg

北炭化成工業所の煙突

「ユーパロの湯」の露天風呂に入りながら化成工業所の巨大な煙突を見るのが好きだ。
また、振り返ると平和炭鉱のズリ山も見えるのもいい。
おそらく露天風呂から、煙突とズリ山が見える温泉は日本でここだけだろう。
隠れた夕張名物?だと私は思っている。

夕張に行くと必ず1回は入る「ユーパロの湯」であるが、重油高などから経営環境が悪化し、指定管理者が今月末で、管理を返上すると言う。
旧鹿ノ谷倶楽部やSL館、旧動物館も某観光会社がすでに返還した。

何とか別の会社が引き継いでほしいものだ。
煙突とズリ山が見える名物温泉にまた入りたい。
[PR]
by ysnowy | 2008-11-10 22:42 | 夕張 | Trackback | Comments(4)

夕張21・清水沢電力所

f0173596_9303083.jpg

清水沢電力所

解体が始まったのは90年代半ばの頃だったと思う。
それからもう10年以上も解体し続けている。
さすがに、最近は外壁のみになってきて、現役当時の面影もなくなりつつある。

しかし、数少ない炭鉱の遺産、まだ現存しているだけでもましかもしれない。
[PR]
by ysnowy | 2008-11-05 09:53 | 夕張 | Trackback | Comments(4)

夕張20・夕張新炭鉱

f0173596_0354656.jpg

2008年10月16日、夕張新炭鉱竪坑跡

新鉱の事故から27年がたった。
竪坑周辺の紅葉は、事故の時と同じように今年は色鮮やかだった。

ここ数年、ある元炭鉱マンと竪坑跡を訪れている。
その人は、事故当日、怪我をしていて坑外労働をしていた。
「怪我をしていなかったら、今頃は慰霊碑に名前が刻まれていた」と言う。
だから、毎年竪坑跡に花を供えに来る。
自分の代わりに多くの仲間が犠牲になったからだ。

しかし、「最近は足腰が弱った」と言う。
「今年がもう最後かもしれない」とつぶやいた。
[PR]
by ysnowy | 2008-10-17 01:07 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張19・湖底の風景

f0173596_20251949.jpg
f0173596_20254023.jpg
f0173596_2026057.jpg

夕張・シューパロ湖

シューパロ湖の水位が下がるこの時期は、湖底に巨大な切り株が現れます。
しかし、現在シューパロダムを建設中で、ダムができると完全に湖底に沈んでしまい、何年か経つともう見ることができなくなるでしょう。

この荒涼とした風景は、炭鉱の風景とまた違った趣があります。
ここもまさしく夕張なのです。
[PR]
by ysnowy | 2008-10-03 20:53 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張18・石炭ひろい

f0173596_21293964.jpg

夕張・社光

24年前と変わらぬ光景です。

以前にも紹介しましたが、ズリ山にはまだ充分に使える石炭があります。
しかし、石炭ストーブがほとんど使われていない今日、再び石炭ひろいを見るとは思いませんでした。
近年は灯油が高騰、まだ使える石炭は貴重な燃料です。

大雨の後は、表面の土が流れて、「よい石炭がひろえる」と言っていました。
[PR]
by ysnowy | 2008-10-01 21:39 | 夕張 | Trackback | Comments(2)