タグ:幌内炭鉱 ( 10 ) タグの人気記事

SNOWY・幌内炭鉱

f0173596_07594529.jpg
幌内炭鉱で、SNOWYⅡから

[PR]
by ysnowy | 2017-03-04 08:06 | SNOWY | Trackback | Comments(1)

冬の幌内変電所

f0173596_21431979.jpg
雪の覆われた幌内変電所。
今年の幌内は雪が多そうだ。

[PR]
by ysnowy | 2016-12-27 21:46 | SNOWY | Trackback | Comments(2)

幌内変電所

f0173596_20502038.jpg
f0173596_20505495.jpg
f0173596_20513471.jpg
f0173596_20523031.jpg
地元の人たちによって大切に保存されてきた幌内変電所。
当時のままの状態で保存されていて何度見ても飽きない。
貴重な炭鉱遺産だ。


[PR]
by ysnowy | 2016-11-03 21:05 | Trackback | Comments(2)

幌内変電所

f0173596_21592917.jpg
f0173596_21594897.jpg
f0173596_2201376.jpg


第三木曜日に公開される幌内変電所。
公開を前に草刈りや清掃が行われた。
地元の人たちの地道な活動にはいつも頭が下がる思いだ。

公開日についてはこちらをご覧ください。
みかさ炭鉱の記憶再生塾www13.plala.or.jp/isaya_g/coalmine/coalmine.html
[PR]
by ysnowy | 2015-05-20 22:05 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

幌内炭鉱

f0173596_20555020.jpg
f0173596_20561391.jpg
f0173596_20564551.jpg
f0173596_20573999.jpg
f0173596_20581886.jpg
f0173596_20584321.jpg



雪に覆われた幌内炭鉱と変電所。
春の到来はまだ先のこと。
[PR]
by ysnowy | 2014-03-08 21:04 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

幌内炭鉱変電所

f0173596_743682.jpg
f0173596_751172.jpg

三笠市で

知人の案内で久しぶりに幌内炭鉱の変電所を訪れた。
変電所は煉瓦作りで、いつ見ても美しい。
近年は地元の人たちが周りの草刈りなどをし、当時のままの状態で保存されている。
一見の価値ある建物だ。
[PR]
by ysnowy | 2013-10-19 07:21 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

幌内の雑貨店

f0173596_125937.jpg
f0173596_12592716.jpg
f0173596_130655.jpg
f0173596_1302641.jpg
f0173596_1304450.jpg


幌内炭鉱の近くにある雑貨店。
中に入ると時間が止まったような雰囲気が漂う。
このような店が現存していることが不思議だ。
かつてのこの店の電話は2番。もちろん炭鉱が1番に違いないが、この店の存在の大きさが想像される。
じっくり見れば、掘り出し物が見つかるにちがいない。
[PR]
by ysnowy | 2012-10-23 13:14 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

幌内炭鉱跡

f0173596_11311561.jpg
f0173596_11313375.jpg
f0173596_11315128.jpg


幌内炭鉱跡も雪が多く凄かった。
昨年より2倍以上、いや3倍近くの雪の量だ。
このようなのは見たことはない。
[PR]
by ysnowy | 2012-03-15 11:38 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

幌内炭鉱

f0173596_2074113.jpg

幌内炭鉱竪坑ヤグラ

保存か、解体かでゆれる竪坑ヤグラ。
すでに竪坑周辺の施設は解体されヤグラは裸の状態だった。

しかし、吹雪の中に立つヤグラの風貌には、ヤマの威厳が感じられた。
[PR]
by ysnowy | 2009-03-18 20:29 | 炭鉱 | Trackback | Comments(0)

80年代夕張11・炭鉱画家・畠山哲雄

f0173596_14415496.jpg

1983年・畠山哲雄(夕張駅付近)

f0173596_14425030.jpg

1993年・幌内炭鉱(畠山哲雄)

夕張の画家・畠山哲雄さんが亡くなって9年がたつ。
毎日、畠山さんの絵を見ているせいか、未だ亡くなったとは思えない。

写真は、畠山さんを初めて写したものだ。最近古いネガを見ていて発見した。
夕張駅(解体)の近くで選炭機と煙突を描いていた。
その時から亡くなるまで、私が夕張に行った時は、よく一緒に出かけた。
私が撮影をしている時、畠山さんはスケッチをしていた。
時には夕張を離れ、芦別や幌内などにも行った事があった。

畠山さんは半世紀にわたり夕張の風景を描いた画家だった。そして、絵のほとんどは夕張だった。アップした幌内炭鉱の絵は非常に珍しく、スケッチはあるが、夕張以外の炭鉱の絵はおそらくこれだけではないだろうか。
描かれている竪坑ヤグラは、現在解体の危機にある。

私は畠山さんの絵は「夕張の宝」だと思う。美術館で一部が見られるが、その宝をもっと活用すべきだと思っている。

もう来年は没後10年になる。
改めて考える時だ。
[PR]
by ysnowy | 2008-09-11 15:26 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(0)