タグ:足尾銅山 ( 17 ) タグの人気記事

間藤水力発電所跡

f0173596_11353446.jpg
f0173596_11354995.jpg
間藤水力発電所は、明治23年に完成した日本で最初の水力発電所。
そして、足尾銅山の近代化に大いに貢献した。
現在は一部が現存している。

[PR]
by ysnowy | 2016-12-16 23:17 | 足尾 | Trackback | Comments(2)

雪の選鉱所

f0173596_19404641.jpg
雪の足尾銅山の選鉱所。
ここは普段は立ち入り禁止となっている。
しかし、撮れる場所は存在する。
わたらせ渓谷鐡道の車窓から、選鉱所はよく見える。
そして、しばらくすると通洞駅に到着する。

[PR]
by ysnowy | 2016-12-09 19:49 | 足尾 | Trackback | Comments(2)

足尾のカラミ煉瓦塀

f0173596_10403371.jpg
f0173596_10404996.jpg
f0173596_10410794.jpg
足尾町の愛宕下にはカラミ煉瓦の塀が残っている。
かつてここには銅山の社宅が建っていた。
現在は取り壊されてないが、黒い塀が社宅があったことを思い出させる。

[PR]
by ysnowy | 2016-12-02 10:49 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)

足尾製錬所と大煙突

f0173596_18090973.jpg
f0173596_18083185.jpg
この日は快晴で、美しい雪の製錬所を見ることができた。

[PR]
by ysnowy | 2016-12-01 18:13 | 足尾 | Trackback | Comments(2)

廃線

f0173596_09592386.jpg
廃線、足尾の雪景色。
日光市足尾町で

[PR]
by ysnowy | 2016-11-29 10:02 | 足尾 | Trackback | Comments(3)

雪の足尾

f0173596_08324135.jpg
f0173596_08331463.jpg
f0173596_08333653.jpg
f0173596_08340298.jpg
足尾で、「11月にこのような雪が降るの初めてだ」と地元の人はいう。
まだ葉の残る木々は白い衣に覆われ砂糖菓子の様だった。
空き家となった社宅も雪国の様相を見せていた。


[PR]
by ysnowy | 2016-11-27 08:47 | 足尾 | Trackback | Comments(2)

足尾銅山

f0173596_190123.jpg
f0173596_190342.jpg
f0173596_191262.jpg
f0173596_1912668.jpg
f0173596_1915034.jpg

足尾で写す。

年々銅山の社宅が少なくなってきている。
ここはいまだ現役で、しかもトイレは外にある。
「雪の日などは困る」と社宅の住人は言っていた。
貴重な社宅だ。
[PR]
by ysnowy | 2015-09-14 19:09 | 鉱山 | Trackback | Comments(2)

足尾銅山・大煙突と橋本康夫さんの写真展「ヤマと暮らしと人と」

f0173596_1418210.jpg

1999年撮影・巨幹残栄から

1919年に建てられた46.2メートル大煙突で、今でも足尾の象徴的存在だ。
対岸の社宅は解体され今はない。

私の知人の写真展のお知らせがあります。
8月1日から9月30日までNPO法人足尾歴史館で、橋本康夫さんの写真展「ヤマと暮らしと人と」が開かれる。橋本さんは全国の鉱山や炭鉱を訪れ撮影を続けられた。
足尾に来られたらぜひ御覧になってほしい。

場所等は写真展のDMを見てください。
f0173596_14182735.jpg
f0173596_14184849.jpg

[PR]
by ysnowy | 2012-07-31 14:44 | 足尾 | Trackback | Comments(4)

足尾銅山・戦前の新聞

f0173596_15462128.jpg


古い社宅の壁に幾重にも新聞が貼ってあった。
それは隙間風を防ぐものあろうか、古い社宅でよく見かけた。
新聞を見ると生活していた時代が読み取れた。
昭和40年代の新聞が多かったが、時には戦前のものもあった。
撮影を忘れ、読むのに夢中になっていた。
[PR]
by ysnowy | 2011-07-31 16:05 | 足尾 | Trackback | Comments(4)

足尾銅山

f0173596_10574187.jpg

f0173596_10575718.jpg
f0173596_10581229.jpg
f0173596_10582734.jpg
 

写真は90年代に撮影したもの。
最近精錬所が解体されたという。
解体された後をまだ見ていない。
ここ10年近くで足尾は激変したと思う。
数多く見られた社宅は解体され更地が目立つし、周辺の山々も緑が濃くなってきた。
山々の緑が戻りつつあるのは嬉しいことだが、鉱山の施設がなくなっていくのは寂しい。
これも一つの歴史なのだろうか。
[PR]
by ysnowy | 2010-11-26 11:13 | 足尾 | Trackback | Comments(2)