タグ:80年代夕張 ( 130 ) タグの人気記事

80年代夕張96・記憶の再生2 千代田の炭住

f0173596_17503922.jpg

           1983年夕張・千代田

f0173596_17512681.jpg

           2013年夕張・千代田


以前に撮影した写真と同じ場所を再び訪れて撮影している。
木が大きく成長し、同じ場所からの撮影は難しいが、変わり果てた風景を見ていると当時の記憶が甦ってくる。
この場所は炭住街がよく見渡せる好きな場所だった。
現在は、木造の炭住街はなく、ブロックの炭住も1棟残るのみだった。
昨年の冬は、空き家となったブロックの炭住がまだ数棟残っていたが、最近に解体されたという。
1棟だけとなったが、人の生活があり、まだまだ現役の炭住だ。
[PR]
by ysnowy | 2013-03-15 18:29 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(6)

80年代夕張95・記憶の再生1 末広墓地

f0173596_14171818.jpg

                   1982年末広

f0173596_14173795.jpg

                   2007年末広

写真は末広墓地を写したもの。
1982年に夕張新炭鉱は閉山し、2007年夕張は財政破綻した。
明治の時代から夕張の変貌を見てきた墓標は、冬の間、スキー場のナイター照明で浮かび上がる。
これも現在の夕張の情景の一つ。
[PR]
by ysnowy | 2013-02-07 14:34 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

スライド上映会(炭鉱を訪ねて30年~ヤマに在りヤマへ還る~)

f0173596_18573250.jpg

80年代夕張・夕張新炭鉱1982年撮影
f0173596_18575018.jpg

巨幹残栄・軍艦島

今年は夕張新炭鉱の閉山から30年です。
私事ですが10月27日に吉祥寺で講演会(作品上映会)を行います。
安田忠郎氏が主催する「安田塾」は、社会問題や教育問題の研究会です。
安田氏は札幌市出身で、元武蔵工大教授。
大学を卒業後、北炭に入社。幌内炭鉱に勤務した元炭鉱マンでもあります。
著書に「炭鉱へいく」があり、この本は北炭の労務管理を書いた本として知られています。

お時間がありましたらぜひいらしてください。
http://yasudajuku.exblog.jp/安田塾ブログ

■第17回安田塾「例会」
【日時】10月27日(土)午後2時~4時30分あ
【講師】萩原義弘(はぎわら・よしひろ)
【テーマ】「炭鉱を訪ねて30年~ヤマに在りヤマへ還る~」

【会場】武蔵野商工会館5F第1会議室
【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7
【Tel】0422-22-3631(武蔵野商工会議所)
【アクセス】JR中央線&京王井の頭線「吉祥寺駅」中央口・北口(駅前ロータリー)・徒歩5分(サンロードを約150メートル直進→本町新道との交差点で左折→本町新道を約150メートル直進・右側)
http://www.musashino-cci.or.jp/about/map.shtml
【参加費】一般1000円 学生500円 
[PR]
by ysnowy | 2012-10-14 19:07 | 炭鉱 | Trackback | Comments(6)

80年代夕張94・夕張新炭鉱繰込所

f0173596_1034512.jpg

1982年・夕張新炭鉱で

2番方の入坑前、たくさんの炭鉱マンが集まる繰込所で、閉山阻止行動について話す杉岡書記長。
[PR]
by ysnowy | 2012-09-19 10:46 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張93・夕張新炭鉱閉山阻止行動

f0173596_2154721.jpg
f0173596_216642.jpg

1982年9月13日・萩原邸での抗議集会

30年前の今頃は、夕張新炭鉱の閉山阻止の行動の真最中だった。
東京の北炭元会長の萩原吉太郎邸では、総評、炭労の抗議集会が行われた。
遺影を持った遺族も参加し、閉山阻止を訴えた。
[PR]
by ysnowy | 2012-09-14 21:20 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張92・平和炭鉱

f0173596_15371591.jpg

1982年・平和炭鉱で

平和炭鉱跡を歩いた時に変わった人車を見つけた。
救護用に使われた人車だろう。
何人もの炭鉱マンがこの人車で救われたに違いない。
[PR]
by ysnowy | 2012-09-11 15:46 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張91・遺族東京抗議行動

f0173596_1137408.jpg

東京・有楽町で1982年9月撮影

30年前の9月、夕張新炭鉱の閉山阻止のため50人の遺族が上京して抗議行動をおこなった。
遺影を抱いた遺族たちは、国会や、旧通産省、萩原邸などを訪れた。
写真は有楽町での抗議行動に向かう遺族たち。
このときはあまり天気がよくなく、雨の中で街行く人たちに閉山阻止を訴えた。
[PR]
by ysnowy | 2012-09-06 11:49 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(4)

80年代夕張90・平和の炭住と北炭機械

f0173596_1214334.jpg

1984年撮影

現在はコンクリートの集合住宅となっている平和地区。
マンサード屋根の炭住が並んでいた頃の面影はない。
年々変貌する夕張ではあるが、後方の北炭機械の建物は今でも健在だ。
[PR]
by ysnowy | 2012-08-08 12:28 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張89・石炭ストーブ

f0173596_12103086.jpg

1986年・夕張市平和で

今自宅の室内の温度は22度、2日前は32度もあった。
たまらず禁断のエアコンを使ったが、夜まで暑くその夜は熱帯夜だった。
今年の夏は気温が上がっても風が強く暑さにたえられたが、風のない日はたまらない。

ところで夏の夕張では、少し寒くなると石炭ストーブを炊いていた。
今日のように肌寒い日は、夏の石炭ストーブを思い出す。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-20 12:26 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

80年代夕張88・真谷地炭鉱

f0173596_13392623.jpg
f0173596_13395024.jpg
f0173596_1340626.jpg

真谷地炭鉱で1987年撮影

1987年の真谷地炭鉱炭鉱の閉山から、早いもので25年。
明治から続く夕張での北炭の歴史に、終止符が打たれた時でもあった。
谷間にある同炭鉱は、独特な雰囲気があり、秋は紅葉がきれいだった。
長らく残っていた事務所などの施設は、2008年に解体され、今は更地となっている。
[PR]
by ysnowy | 2012-07-02 13:51 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)