人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「原爆を視る1945-1970」展が中止

東京・目黒区美術館で4月9日から開催予定だった「原爆を視る1945-1970」展の中止が決まった。
「原爆と原発事故のイメージが重なるため」だと言う。
今、原発事故に過敏になるのは解るが、66年前の原爆と原発事故をダブらせるのはいきすぎではないかと思う。
日本は、広島・長崎に原爆を落とされたが復興した。
こういう時だからこそ「原爆展」の意義があるのではないだろうか。
自粛ムードの日本に、私は危機を感じてしまう。

参考までに
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201103240075.html (中国新聞記事)
by ysnowy | 2011-03-25 21:40 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ysnowy.exblog.jp/tb/15712475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2011-03-26 09:14 x
歌舞音曲が自粛で、これからの歌手たちを応援してるので、彼女たちの生活不安を考えると同情します。いま野菜が売れ残り、水が売り切れ。おかしいと思うけど、それが人情というもの。猫のにゃん活で6年くらい、神田、浅草のおまつりにいったけど中止。さくらまつりも各地で中止。プロ野球は、KYのセリーグが足並みやっとそろえて、なんとか4月開幕。自粛、自粛で鬱々、悶々の毎日です。ただ学校でX線結晶学、放射化学をかじったので、放射性同位元素の水道水汚染や土壌汚染には、かなり悲観的です。原発が石棺化して停電しなくなるまで元気になれません。それにしても「覚悟を決めた」東電が陣頭指揮に社長が原子炉にいると思ったら、最も危険な作業は、大成建設や関電工の下請け、孫請けまかせ、あきはてています。原爆展については過剰反応ですが、放射能汚染は過剰反応して当然です。メディアのまるで大本営発表のような報道にも、がっかりしてます。安全っていうなら、なんで現地にキャスターが飛んでいかないんだろう。
Commented by ysnowy at 2011-03-26 11:15
猫おやじさん
自粛で生活ができなくなる人たちはこれからも多くなるでしょう。
稲作にも大きな影響がでるのはまちがいありません。
現在の原発の状態でこれですから、考えたくありませんが、最悪の状態になったどうなるのでしょうか。
なんとか封じ込めてほしいですね。
本当の意味での春はまだ遠いですね。
Commented by ライカ at 2011-03-28 23:07 x
”自粛ムードの日本に、私は危機を感じてしまう”同意!!
Commented by ysnowy at 2011-03-29 09:44
ライカさん
これが日本の現実ですね。
来年、原爆展は復活の可能性があります。
<< 夕張79・炭住街 写真展・SNOWYⅢ終了 >>