人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大名小学校

大名小学校_f0173596_11194644.jpg
大名小学校_f0173596_11193047.jpg
大名小学校_f0173596_11191380.jpg
大名小学校_f0173596_11184884.jpg
大名小学校_f0173596_11182614.jpg
大名小学校_f0173596_11181081.jpg
大名小学校_f0173596_11174950.jpg


福岡市中央区大名にある大名小学校。
1873(明治6)年に開校し、2014(平成26)年に閉校した。
広田弘毅が卒業した学校としても知られている。
1929(昭和4)年に建てられた鉄筋コンクリートの校舎は、たいへん趣がある。
再開発でいずれは解体される運命にあるのが残念だ。
by ysnowy | 2016-07-22 11:28 | 近代建築・産業・土木遺産 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ysnowy.exblog.jp/tb/25474848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2016-07-25 08:53 x
学校を卒業して入った会社の近くに同潤会のアパートがありました。新宿区新小川町というところで、あちこち庇が落ちかけている古色蒼然としたコンクリート建築でした。国会議事堂が、大名小学校の7年後の竣工というのも歴史を感じます。店子が突然、いなくなり後片付けに大童のテラスハウスも築50年以上。コンクリート部分は風化していませんが、壁面のクラック、剥落があちこちにみられます。耐用年数は木造がコンクリートに勝るという、30年前の大工の父親の述懐が思い浮かびます。
Commented by ysnowy at 2016-07-25 18:48
使用していれば木造の方がもつと私も思います。
<< 写真展「巨幹残栄 九州・山口編」 写真展 巨幹残栄「九州・山口編」 >>