炭住街の子供

f0173596_10291601.jpg


雪の舞う炭住街で佇む子供。
現在の年齢は30歳くらいかと思われる。

1990年、夕張市南部で写す

[PR]
by ysnowy | 2017-11-27 10:34 | 夕張 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://ysnowy.exblog.jp/tb/28743426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2017-11-27 22:55 x
風雪の中の精悍な顔立ちの少年。上半身は平成時代の「やんちゃくらぶ」ですが、個性的なズボンと長靴の下半身は、ヤマの雰囲気です。自分が子供のときは、黒い生ゴムの靴に、丸首シャツにセーター、ズボンはトレパンという姿。衣食住も、ままならかった昭和20年代では普通でした。アパレルの株をたくさん持っていますが、最近、3万株所有の小杉産業の倒産で、2000万円の損害。ラピーヌ、東京ソワール、三陽商会も買い値の半分。ユニクロなどの廉価攻勢に晒されているのです。
Commented by ysnowy at 2017-11-29 23:42
ヤマの子供はたくましいです。一昔前の丸大ハムのCMを思い出します。
Commented at 2017-12-04 04:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ysnowy at 2017-12-04 17:39
ありがとうございます。ぜひ1950年代の写真を拝見したいです。
<< 夜明けの多摩川 多摩川の霧 >>