人気ブログランキング | 話題のタグを見る

多摩川の霧・釣り人

多摩川の霧・釣り人_f0173596_09452508.jpg

望遠レンズで見ていると霧の中から釣り人が現れた。
この時期に何が釣れるのか。興味深い。
昭島市で写す。


by ysnowy | 2018-01-19 09:51 | 多摩川 | Trackback | Comments(2)
Commented by 猫おやじ at 2018-01-19 20:27 x
払暁の多摩川。バス狙いのルアーの太公望。そばに、同じ方向を向いた鵜。水面に遊弋する鴨。画面右手に飛翔する千鳥。鳥類の行動は機微に富むものですが、三者三様の立ち位置とメインの人影が、完璧な「川の夜明け前」の形象となっています。どれも、ひとつとして隙がないことに感服します。1週間目になった昭島で10月26日に生まれた子猫2匹。すっかり、なついてくれました。もっとも同居猫たちとじゃれあうまでには至らず。あいかわらず総毛立って威嚇の毎日。11月に迷い込んだ猫も、排泄場所や摂食場所を共用するまで50日かかったので、そういう時間が必要なようです。
Commented by ysnowy at 2018-01-20 09:05
日の出に固執するわけでもなく、鳥にこだわっているのでもありませんが、その日の出来事を記録することを楽しんでいます。
予期せぬ釣り人の出現は、写真の幅を広げてくれますね。二度と同じものは撮れない。そこが写真の魅力でもあります。
<< 多摩川の川霧・雲海のごとく 萩原義弘写真展「窓」のお知らせ >>