配電盤

f0173596_22524959.jpg
古い配電盤に出会った。
昭和の空気を感じた。
青梅市で

[PR]
by ysnowy | 2018-05-12 22:57 | 鉱山 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://ysnowy.exblog.jp/tb/29783620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2018-05-13 09:24 x
おごそかな配電盤で、電流計、電圧計、切り換えスイッチ計などが並ぶ立派なもの。しかも下部にはメーカーのネームプレートも配されています。ネームプレートといえば勤務先の荻窪に「梅田ネームプレート」という大手メーカーがありましたが海外投資に失敗して、いまはありません。学生時代、スタッフとして参加していた文理学部の学生研究誌「学究」のキャップの就職先でした。ネームプレートというものも、アルミシールが主流になってしまい、このような製造者の威厳を示す立派な表札のような形はみかけなくなりました。今日は、後援会長をしている女性歌手さんの新曲「夢が醒めたら」のお披露目。渋谷の放送局のラジオ番組で13時5分から15時30分まで絶叫声援。もっとも抽選制なので入れないかも。
<< 写真展「ヤマに在りヤマに還る」 石灰窯跡 >>