持倉鉱山

f0173596_20404700.jpg
f0173596_20400401.jpg
緑を背景に浮かび上がるカラミ煉瓦の事務所跡。
今年は例年より季節の進みが早い。
もう夏の様相だった。
持倉鉱山で

[PR]
by ysnowy | 2018-05-26 20:48 | カラミ煉瓦 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ysnowy.exblog.jp/tb/29812872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 猫おやじ at 2018-05-27 10:02 x
涼しげな水量豊かな清流沿いの鉱山施設。あたかもモニュメントのように屹立しているところは、操業時のイメージを忘れさせてくれますね。秩父鉱山も大黒や中津の坑口のあたりは、沢がありましたが、こういう味のある景色には、なりませんでした。大学紛争時代なら学生たちの追求必至のアメフト日大。当事者がタックルされる日は、まだ遠いようで、毎日、大学の評価が地に落ちてゆくのを悲しむばかりです。
Commented by ysnowy at 2018-05-27 17:16
> 猫おやじさん
持倉鉱まえでしたた山のカラミ煉瓦の遺構の美しさは何度見ても飽きません。アメフト問題、半世紀前でしたら学生紛争になっていたと思います。現在では想像できませんが・・。
<< 写真展「ヤマに在りヤマに還る」 写真展「ヤマに在りヤマに還る」 >>