人気ブログランキング |

タグ:畠山哲雄 ( 13 ) タグの人気記事

80年代夕張137・夕張駅

f0173596_17574868.jpg
f0173596_17580426.jpg
夕張支線の廃止までもう2か月を切りました。
写真は1983年の10月に撮影した夕張駅と、歴史村の開業でいっぱいとなった駐車場。
そして、同年の12月に炭坑画家・畠山哲雄さんが描いた「終着駅の見える風景」(個人蔵)。
偶然にも同じようなアングルであることに気がつきました。畠山さんは生前よくこの周辺の炭住街を描いていてまさにホームグランドでした。撮影をしていて何度もスケッチをする畠山さんにお会いしたことがあります。
現在、夕張駅は移転して旧駅舎はありませんが、廃線が近づくと旧駅を思い出します。
やっぱり夕張駅はここじゃないと・・。

by ysnowy | 2019-02-04 18:23 | 80年代夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張135・炭坑画家・畠山哲雄さん(夕張一滴の風景1から)

f0173596_148452.jpg
f0173596_149764.jpg

夕張市清栄町で、清水沢電力所

昨日は畠山哲雄さんの命日だった。
畠山さんは、5月の終わりころに、よく東京に来られていた。
1999年5月、その年も東京に来られ、鎌倉の神奈川県立近代美術館などを一緒に訪れたことを思い出す。
そして、その時が私にとっては最後の姿となった。
畠山さんは夕張に戻って体調を崩され、そしてこの世を去った。
もう15年近くなるが、夕張に行くと、畠山さんがスケッチブックを持ち、今でも歩いているような気がする。
そのくらいあちこちでその姿は見られた。

丸木美術館 7月13-9月8日 l「坑夫 山本作兵衛が生きた時代」展http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2013/2013sakube.html
by ysnowy | 2013-06-19 14:29 | 夕張 | Trackback | Comments(4)

夕張124・畠山哲雄さん

f0173596_10444394.jpg

在りし日の畠山哲雄さん、赤間炭鉱選炭機跡で1998年撮影

f0173596_1045341.jpg

解体された夕張市美術館

夕張の炭鉱画家・畠山哲雄さんが亡くなってから13年が経つ。
畠山さんの多くの作品を収蔵する夕張市美術館は、この冬の豪雪で建物が崩壊し、解体された。
美術館の収蔵作品は、市の他の施設に保管されているが、まとまって畠山さんの作品が見られないのは今さらながら残念だ。
夕張は風景が激変する町、美術館がない今、畠山さんが描いた炭鉱風景から、活気のあった夕張を見ることさえもできない。
by ysnowy | 2012-06-25 11:17 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張112・崩落した夕張市美術館のその後

f0173596_152239.jpg

美術館は崩壊が進んでいるようだった
f0173596_15222155.jpg

映画祭の初日に崩壊した美術館(中央)、後方は市役所
f0173596_15223945.jpg

崖ぶちに建つ美術館の下にはシホロカベツ川が流れる。

「先月、雪の重みで屋根が崩落した夕張市美術館はどうなったのだろうか」と思い、先週夕張に行ってきました。館中の作品は無事で、畠山さんや倉持さんの作品などすべてが市の別の施設に移されていました。
美術館は建物ではなく、中身です。作品が無事だったのは、幸運でした。
しかし、美術館が崩壊した今、これから多くの作品をどのように管理していくかが問題となるでしょう。
これらの作品は、夕張の宝です。しかしきちんと管理しないと取り返しのつかないことになります。
今後が心配です。
by ysnowy | 2012-03-12 15:43 | 夕張 | Trackback | Comments(5)

夕張99・「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」・夕張川

f0173596_10573973.jpg
f0173596_10575484.jpg


変貌が激しい夕張。
しかし、あまり変わらない風景もある。
「春先の川」と題する畠山哲雄さんの作品は、清水沢から清陵町に向う途中の橋のたもと付近からかかれたものだ。ゆうばり小学校の体育館ができたもの、その風景は今もあまり変わらない。
ほっとする風景の一つだ。

夕張美術館で開催中の「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」は、7日までです。
是非お立ち寄りください。(入場無料)
by ysnowy | 2011-08-05 11:10 | 夕張 | Trackback | Comments(9)

夕張97・「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」が始まりました

f0173596_1148546.jpg
f0173596_11491057.jpg
f0173596_11492491.jpg
f0173596_11494073.jpg
f0173596_11495768.jpg


「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」が夕張美術館で始まりました。
8月7日までです。(8月1日休館)
夕張にお出かけの方はお立ち寄りください。(入場無料)
by ysnowy | 2011-07-28 11:55 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張96・「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」

f0173596_1011431.jpg

鉄塔のある風景(夕張市・富岡)1961年
f0173596_1013543.jpg

2011年


お知らせがあります。
昨年開催し、好評だった「時を超えて―夕張・一滴の風景―」をこの夏も開催する事になりました。
今回は夕張美術館所蔵の作品のほかに夕張の別の施設(ひまわり他)に展示されていた畠山さんの作品や道外にある個人蔵の作品をふくめた作品を展示します。
どーぞお立ち寄りください。
(6月17日のブログ参考)

以下は夕張美術館のホームページからです。http://www.yubari-resort.com/art-museum/


「時を超えて―夕張・一滴の風景―2」

会 期:7月26日(火)~8月7日(日)

休館日:8月1日(月)

主 催:夕張地域紙史研究資料調査室

協 力:夕張市美術館



生涯72年夕張の風景を描き続けた炭鉱画家の一人、畠山哲雄。

夕張新炭鉱の災害後に夕張の風景を撮り続け、昨年の東川賞特別賞を受賞した写真家、萩原義弘。

畠山が残した風景画を通して変容した夕張の町並みを地域の記録という視点で改めて見直し、


萩原が写す“現代”の様子を写真を通して「記憶と記録」を融合するささやかな試みとした展覧会です。
by ysnowy | 2011-07-23 10:17 | 夕張 | Trackback | Comments(2)

夕張92・炭鉱画家・畠山哲雄さん

f0173596_14565661.jpg

山峡の春・1981年
f0173596_14571710.jpg

畠山さん写す
f0173596_14573537.jpg

2011年


夕張の風景を半世紀にわたり描き続けた畠山哲雄さん。
6月18日は畠山さんの命日。早いもので13回忌を迎える。

昨年から、かつて畠山さんが描いた場所を訪ねている。
作品は畠山さんが1981年に制作した「山峡の春」。
鹿の谷の野球場の近くの炭住街で、背景に冷水山が見える。
最初、この場所が解らなかった。
私はこの場所に来た事がなく、炭住街があったことを知らなかった。
現在は炭住街はなくなり、木々が伸び、変わらないのは山の稜線だけだった。

夕張の変貌は激しい。
by ysnowy | 2011-06-17 15:38 | 夕張 | Trackback | Comments(6)

夕張66・夕張・一滴の風景から

f0173596_2302275.jpg

夕張新炭鉱跡でスケッチする畠山さん1993年撮影
f0173596_2304654.jpg

1988 年 新夕張炭鉱ズリ山
f0173596_2311147.jpg

2010年  夕張市末広で

夕張市美術館で開催されている「時を越えて 夕張・一滴の風景」展も22日までです。
お近くの人はぜひお立ち寄りください。
入場無料です。

写真は末広。
新夕張炭鉱のズリ山は削られ、木造の炭住は近代的なアパートとなった。
by ysnowy | 2010-08-19 23:13 | 夕張 | Trackback | Comments(0)

夕張65・「時を越えて 夕張・一滴の風景」

f0173596_22354432.jpg
f0173596_2236767.jpg
f0173596_22362480.jpg


夕張市美術館で、「時を越えて 夕張・一滴の風景」展が開催されています。(主催・夕張地域史研究資料調査室)
夕張の画家・故畠山哲雄氏の絵とほぼ同じ場所で私が写した写真を並べて展示したものです。
夕張の風景がいかに変わったかが解ります。
22日までです。(16日休館)

展示の記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100811-00000001-maiall-soci

夕張地域史研究資料調査室ホームページ
http://www.yubari.co.jp/index.html
by ysnowy | 2010-08-14 22:50 | 夕張 | Trackback | Comments(2)