タグ:軍艦島 ( 6 ) タグの人気記事

写真展・「巨幹残栄ー九州・山口編ー」田川炭鉱

f0173596_23371449.jpg
f0173596_23365484.jpg
f0173596_23363534.jpg



7月16-31日まで福岡市のphoto massageで写真展「巨幹残栄ー九州・山口編ー」を開催します。
今回は1994年から96年に写した筑豊、端島(軍艦島)、崎戸、三池などが中心となります。
撮影から20年が経ち多くの炭鉱施設が無くなりました。
私の撮影したものの中にも現存しないものが沢山あります。
山本作兵衛邸や四山鉱竪坑ヤグラなど、今回初めて展示する作品もあります。
福岡にお越しの方はぜひお立ち寄りください。
なお、16日16時からトークを行います。
[PR]
by ysnowy | 2016-07-02 23:54 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

軍艦島とSNOWY

f0173596_13414750.jpg
f0173596_13421522.jpg


東京・浅草橋のマキイマサルファインナーツで常設展「monotone summer」を開催中です。(8月9日まで)
参加メンバーは、儀保克幸さん、小林俊哉さん、祥洲さん、中野聡子さんと私です。
巨幹残栄(軍艦島)・SNOWY(松尾鉱山)のロールプリント(サイズ170×110)を展示しています。
詳しくはこちらをご覧ください。http://mmfa.exblog.jp/23500078/
[PR]
by ysnowy | 2015-08-02 13:51 | 炭鉱 | Trackback | Comments(0)

軍艦島の見える風景

f0173596_2304789.jpg

高島で、1996年写す

精霊船と軍艦島。
現在はどうだか解らないが、当時は精霊船が島を一周していた。
この夏、軍艦島も世界遺産に登録されることになった。
[PR]
by ysnowy | 2015-07-09 23:12 | 炭鉱 | Trackback | Comments(2)

文化資源としての炭鉱展・軍艦島

f0173596_1127319.jpg

軍艦島・目黒区美術館展示作品から

2ヶ月の及ぶ目黒区美術館での「文化資源としての炭鉱」展も終了しました。
また、ギャラリー冬青での「SNOWYⅢ」・北海道も終わりました。

みなさん、ありがとうございました。
[PR]
by ysnowy | 2009-12-28 11:38 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

軍艦島

f0173596_11583048.jpg

軍艦島(計算機)、目黒区美術館展示作品から

目黒区美術館での「すかぶら談義」も終わりました。
聞きに来てくださった方々ありがとうございました。

週末はちょっと北のほうにでかける予定です。

目黒区美術館「文化資源としての炭鉱」展は27日まで、ギャラリー冬青での「SNOWYⅢ」は26日まで行っていますので、引き続き宜しくお願いします。
[PR]
by ysnowy | 2009-12-10 12:09 | 炭鉱 | Trackback | Comments(4)

巨幹残栄・軍艦島(端島炭鉱)

f0173596_11423268.jpg

1996年
f0173596_11431417.jpg

2001年
f0173596_1143316.jpg

2001年
f0173596_12342629.jpg

2001年


長崎県長崎市(旧高島町)にある端島(軍艦島)の一般公開が始まったと言う。

端島は周囲1.2キロの半人工島で、最盛期1963年には5000人以上が生活した超過密の島だった。
島の形が戦艦土佐に似ている事から軍艦島と呼ばれていた。
島は高層の社宅が立ち並び、日本で最初のコンクリ-トの集合住宅(30号棟)も建てられ、建築的に貴重な島だ。しかし、1974年に炭鉱が閉山。島は無人となった。

以前、上陸する機会があった。
私は当時の電気製品に興味があった。
誰もいない部屋には、テレビや大型冷蔵庫、そして電気炊飯器もあり、当時の生活を垣間見る事ができた。
三菱の炭鉱だけに電気製品は三菱製との話もあったが、単なる噂にすぎなかった。
やはり炊飯器はナショナルだった。
昭和40年代の電気製品の資料館を見ているようだったことを思い出す。

今度、また上陸してみたい。
[PR]
by ysnowy | 2009-04-22 12:38 | 炭鉱 | Trackback | Comments(6)